■三遠ネオフェニックス vs ファイティングイーグルス名古屋(@豊橋市総合体育館)
GAME1:11月26日15時5分 GAME2:11月27日15時5分

 今節、豊橋市総合体育館で行われる“愛知ダービー”のカードは三遠ネオフェニックスvsファイティングイーグルス名古屋。両者によるB1初対戦の行方やいかに。

 現在中地区首位に立つ三遠ネオフェニックスは、前節アウェーで行われた秋田ノーザンハピネッツ戦でも勝ち星を重ね、連勝を「5」に伸ばした。GAME1は第1クォーターから10点リードを作り、ヤンテ・メイテンが両チーム最多となる29得点。翌日は40分で決着がつかずオーバータイムまでもつれたが、試合残り52秒で細川一輝が大きな3ポイントシュートを射抜いた。

 前節ホームに信州ブレイブウォリアーズを迎えたFE名古屋は、第2戦を18点差で制して5連敗から脱出。この一戦ではエヴァンスルークとアンドリュー・ランダルがそろって18得点をマークしたほか、信州を60得点に抑え込むチームディフェンスを発揮して勝利を飾った。

 ともにディフェンスに重きを置くチームだけに、今節はハイレベルな守り合いに期待したい。三遠は金丸晃輔やカイル・コリンズワースの状態が気がかりだが、太田敦也、根來新之助のベテラン勢が体を張ってチームに勢いを与えられるか。

敵地に乗り込むFE名古屋は、相手の得点源であるヤンテ・メイテンを自由にさせないことが勝利への絶対条件となるだろう。ルークやジョナサン・ウィリアムズらインサイド陣の働きが重要になりそうだ。

 文=小沼克年

■ロスター
・三遠(HC:大野篤史)
サーディ・ラベナ
ヤンテ・メイテン
アイゼイア・ヒックス
高橋快成 ※特別指定
太田敦也
金丸晃輔
根來新之助
半澤凌太
佐々木隆成
細川一輝
山内盛久
大宮宏正
カイル・コリンズワース
土屋アリスター時生

・FE名古屋(HC:川辺泰三)
アンドリュー・ランダル
宮崎恭行
ストックマンJr. ケドリック
エヴァンスルーク
林瑛司
宮本一樹
石川海斗
野﨑零也
中村浩陸
ジョナサン・ウィリアムズ
相馬卓弥
笹山貴哉
ジェレミー・ジョーンズ
葛原大智