■秋田ノーザンハピネッツ vs アルバルク東京(@CNAアリーナ☆あきた)
11月30日19時5分

 秋田ノーザンハピネッツは4連敗を止めて中断期間に入ったものの、リーグ戦が再開した前々節は再び連敗。前節の信州ブレイブウォリアーズ戦ではGAME1が4点差、GAME2が7点差と僅差の勝負を制し、ようやく“借金”を1まで減らした。

 第1戦は延長にもつれこんだが、その延長では2点しか許さず守り勝ち。スティーブ・ザックが17本、中山拓哉と保岡龍斗がともに7本とリバウンドで優位に立ったのが大きかった。第2戦もザックが18リバウンド、中山が10リバウンド。現在チームはリバウンドでリーグ2位を誇る。

 前々節横浜ビー・コルセアーズに1敗を喫したアルバルク東京は、前節茨城ロボッツを相手に連勝を収めて東地区3位を堅持。こちらも第1戦はチーム全体で53本、うちオフェンスが20本とリバウンドを支配し、32点差をつける圧勝。8点差で勝ちきった第2戦もリバウンドは相手を上回り、それに加えて藤永佳昭の11得点とザック・バランスキーの17得点も勝利の一因となった。

 ディフェンシブなスタイルの両者にとって、リバウンドは生命線だ。A東京はリーグ7位と秋田を下回るものの、オフェンスリバウンドに限れば秋田が同3位、A東京が同4位と互角。勝率5割復帰がかかる秋田としては、ディフェンスリバウンドを確保してA東京にセカンドチャンスを与えないことが重要だ。ケレム・カンターを欠いている今、前節同様に日本人選手がハッスルできるか。

 文=吉川哲彦

■ロスター
・秋田(HC代行:ケビン・ブラスウェル)
スティーブ・ザック
王偉嘉
大浦颯太
田口成浩
スタントン・キッド
ケレム・カンター
川嶋勇人
伊藤駿
中山拓哉
長谷川暢
多田武史
保岡龍斗
古川孝敏

・A東京(HC:デイニアス・アドマイティス)
ジャスティン・コブス
藤永佳昭
吉井裕鷹
安藤周人
ザック・バランスキー
セバスチャン・サイズ
平岩玄
ライアン・ロシター
田中大貴
笹倉怜寿
アレックス・カーク
小酒部泰暉