■レバンガ北海道 vs 千葉ジェッツ(@北海きたえーる)
11月30日19時5分

 前々節にホームで連敗してしまったレバンガ北海道。アウェーで戦った前節サンロッカーズ渋谷戦で1勝し、東地区最下位を脱出した。

 第1戦の開始約2分半で13−2と先手を取ると、32得点のブロック・モータムを中心に得点を重ねてハイスコアゲームを制した。第2戦は第3クォーターの28失点が響き、終盤の追い上げも実らず5点差で敗れたが、アレックス・マーフィーに加えてドワイト・ラモスも欠く中での1勝1敗は十分な出来だった。

 東地区首位を走る千葉ジェッツは、前節富山グラウジーズを危なげなく下して10勝に到達。前々節に続いてヴィック・ローが欠場したが、原修太が2戦とも14得点と奮闘した。第1戦で課題の残ったフリースローも、第2戦は21本中20本成功と改善。第1戦が55失点、第2戦が61失点とディフェンスも良く、ジョン・パトリックヘッドコーチのディフェンススタイルは着実に浸透してきている。

 前述の通り、前節は双方ともに外国籍選手が1人欠場。それでも千葉Jは連勝し、北海道はアジア特別枠選手もいない状況で1勝した。オフェンス面で手応えを得たのは第1戦で99得点、第2戦で85得点を積み上げた北海道のほうだろう。昨シーズン得点王のショーン・ロングに復調の気配が見られ、モータムとのコンビで千葉Jのディフェンスを突き破りたい。

 文=吉川哲彦

■ロスター
・北海道(HC:佐古賢一)
橋本竜馬
ナナーダニエル弾
ドワイト・ラモス
寺園脩斗
アレックス・マーフィー
中野司
高橋耕陽
荒川颯
桜井良太
ブロック・モータム
ショーン・ロング
デモン・ブルックス ※インジュアリーリスト
内藤耀悠 ※ユース育成特別枠
松下裕汰

・千葉J(HC:ジョン・パトリック)
富樫勇樹
ヴィック・ロー
二上耀
西村文男
大倉颯太
佐藤卓磨
ギャビン・エドワーズ
ラシードファラーズ
荒尾岳
原修太
ジョン・ムーニー
クリストファー・スミス