大阪エヴェッサは5月25日、鈴木達也との契約基本合意を発表した。

 現在32歳の鈴木は、169センチ69キロのポイントガード。保善高校、拓殖大学を経て、バンビシャス奈良でキャリアを始めた。Bリーグ初年度から三遠ネオフェニックスで5シーズンを過ごすと、京都ハンナリーズを経て、2022−23シーズンに大阪へ加入。57試合の先発を含むレギュラーシーズン全60試合に出場し、1試合平均5.2得点2.1リバウンド4.4アシストをマークした。

 同選手はクラブを通じて「まいどおおきに!鈴木達也です! 来シーズンも大阪エヴェッサでプレーできることを嬉しく思います。チャンピオンシップ、そして優勝を目指して一緒に戦いましょう! 満員の会場での声援をお願いします!!」とコメントした。

 なお、大阪はマティアス・フィッシャーヘッドコーチの続投が決定。25日時点で鈴木のほか、竹内譲次選手との契約基本合意が決まっている。