11月3日にアクシオン福岡で「SoftBank ウインターカップ2023 令和5年度 第76回全国高等学校バスケットボール選手権大会」に向けた福岡県予選の決勝リーグが行われ、福岡第一高校と福岡大学附属大濠高校が対戦した。

 ともに2連勝で迎えた決勝リーグ最終戦は福岡大附属大濠が2連続で3ポイントシュートを沈めると、試合開始から0−10のラン。福岡第一にインサイドで得点を許す場面もあったが、第1クォーター残り4分49秒の時点で8−17と9点のリードを奪った。一方の福岡第一はシュートをミスが続いたが、髙口陽季が終盤に“3点プレー”。15−25と10点差で最初の10分間を終えた。

 第2クォーターも福岡大附属大濠の2連続得点で開始すると、相手のタイムアウト後も得点を重ね、残り4分34秒に3ポイントで21−38。その後、福岡第一の反撃を受けたが、29−43と14点のリードで試合を折り返した。

 第3クォーターに13点差まで縮まったものの、福岡大附属大濠は第4クォーター開始3分38秒に3ポイントで48−65。激しいディフェンスを繰り広げる福岡第一から逃げきり、61−76で勝利を収め、福岡県予選を制した。

 福岡大附属大濠は広瀬孝一が19得点、榎木璃旺が15得点、渡邉伶音が11得点の活躍を見せた。福岡県は出場枠が2つあるため、福岡大附属大濠、福岡第一の両校がウインターカップに出場する。

■試合結果
福岡第一高校 61−79 福岡大学附属大濠高校
第一|15|14|15|17|=61
大濠|25|18|14|22|=79

【動画】福岡第一vs福岡大学附属大濠高校をフルマッチでチェック