11月7日(現地時間6日、日付は以下同)。ポートランド・トレイルブレイザーズのロバート・ウィリアムズ三世が、右ヒザの手術を必要とするため、長期間の離脱になる見込みだと『ESPN』が報じた。

 10月2日に成立したトレードで、ボストン・セルティックスから加入したウィリアムズ三世は、206センチ107キロのセンター。キャリア6年目の今シーズンは、6試合の出場で平均19.8分6.8得点6.3リバウンド1.2スティール1.2ブロックをマーク。

 だが6日のメンフィス・グリズリーズ戦で右ヒザを負傷。ブレイザーズは得点源アンファニー・サイモンズ(ガード)が親指を痛めて離脱しているほか、新人ガードのスクート・ヘンダーソンも足首を痛めて欠場中。

 チーム最多のブロックショット数を残してきたウィリアムズ三世の離脱により、ディアンドレ・エイトンにはさらなる奮起が求められることになりそうだ。