11月19日、「U18日清食品トップリーグ2023(男子)」が国立代々木競技場 第二体育館にて大会最終日を迎え、開志国際高校(新潟県)が7戦全勝で初の優勝を手にした。

 優勝した開志国際からは、澤田竜馬(3年)とネブフィ ケルビン シェミリー(2年)が選ばれると、オールディフェンシブベスト5には中島遙希(3年)が選出された。

 また、準優勝の東山高校(京都府)からは佐藤友(3年)と瀬川琉久(2年)が、4位の福岡大学附属大濠高校(福岡県)からは渡邉伶音(2年)が、それぞれベスト5に名を連ねた。

「U18日清食品トップリーグ2023(男子)」の個人賞と最終順位は以下のとおり。

■ベスト5賞
澤田竜馬:開志国際高校(新潟県)3年
ネブフィ ケルビン シェミリー:開志国際高校(新潟県)2年
佐藤友:東山高校(京都府)3年
瀬川琉久:東山高校(京都府)2年
渡邉伶音:福岡大学附属大濠高校(福岡県)2年

■オールディフェンシブベスト5賞
ウィリアムス ショーン莉音:仙台大学附属明成高校(宮城県)3年
中島遙希:開志国際高校(新潟県)3年
ムトンボ カベヤ エノック:北陸高校(福井県)2年
斎藤佑真:藤枝明誠高校(静岡県)3年
佐藤友:東山高校(京都府)3年

■新人ベスト5賞
小田嶌秋斗:仙台大学附属明成高校(宮城県)1年
西村謙槙:中部大学第一高校(愛知県)1年
佐藤凪:東山高校(京都府)1年
宮本聡:福岡第一高校(福岡県)1年
宮本耀:福岡第一高校(福岡県)1年

■MIPチーム賞
藤枝明誠高校(静岡県)

■「U18日清食品トップリーグ2023(女子)」最終順位
1位:開志国際高校(勝点14/7勝0敗/+108)
2位:東山高校(勝点13/6勝1敗/+103)
3位:福岡第一高校(勝点12/5勝2敗/+52)
4位:福岡大学附属大濠高校(勝点11/4勝3敗/+90)
5位:仙台大学附属明成高校(勝点10/3勝4敗/−32)
6位:北陸高校(勝点9/2勝5敗/−61)
7位:藤枝明誠高校(勝点8/1勝6敗/−84)
8位:中部大学第一高校(勝点7/0勝7敗/−176)