11月27日(現地時間26日)、渡邊雄太所属のフェニックス・サンズがアウェーでニューヨーク・ニックスと激突した。

 サンズはケビン・デュラントが右足の痛みで欠場。スターターにはデビン・ブッカー、ユスフ・ヌルキッチ、エリック・ゴードン、ジョシュ・オコーギー、ケイタ・ベイツ・ジョップが名を連ねた。また、渡邊が5試合ぶりの復帰を果たしている。

 サンズは7−0のランからペースをつかみ、34−22と12点のリードで最初のクォーターを終える。渡邊は第2クォーターの頭からコートに立つと、トップからの3ポイントシュートを1本沈め、続けてウイングからも炸裂。終盤にやや点差を詰め寄られたが、サンズが64−56とリードを保持してハーフタイムを迎えた。

 続く第3クォーター、ブッカーやゴードンらがアウトサイドシュートで得点をけん引するも、中盤からニックスの攻撃に苦しむ展開に。残り約3分で同点に追いつかれ、渡邊も同1分45秒にコートへ戻るが3点弾は決め切れず、95−92と3点を先行して最後のクォーターへ。

 第4クォーターに入ると渡邊はフリースローを1本沈め、中盤にブッカーら先発陣と交代した。以降は終盤まで1点を争う大激戦となり、渡邊は113−113の同点となった残り22秒で再びコートイン。終了時間が迫るなかで、ブッカーが値千金の3点弾を決めると、最後はニックスの得点を阻止してゲームセット。最終スコア116−113でサンズが白星をつかみ取った。

 連勝数を「7」に伸ばしたサンズは、ブッカーが28得点5リバウンド11アシスト、ゴードンが25得点、ヌルキッチが8得点10リバウンド4アシストでチームをけん引。渡邊は14分52秒のプレータイムを記録し、3ポイントシュート2本を含む7得点を挙げている。

■試合結果
フェニックス・サンズ 116−113 ニューヨーク・ニックス
PHX|34|30|31|21|=116
NYK|22|34|36|21|=113

【動画】復帰戦で得意の3Pを決めた渡邊!