12月3日、日環アリーナ栃木での「B.LEAGUE U18 CHAMPIONSHIP 2023」が大会最終日を迎えた。

 決勝ではレバンガ北海道U18と名古屋ダイヤモンドドルフィンズU18が激突。同点で迎えた第3クォーター開始4分36秒から13−0のランで抜け出した北海道U18が最終スコア67−58で逃げきり、大会3連覇を達成した。赤根涼介がチーム最多17得点を挙げ、内藤耀悠と越後晴貴がともに13得点、阿部竜大が12得点で続いた。

 3位決定戦は琉球ゴールデンキングスU18が仙台89ERSU18を相手に93−66で快勝。佐取龍之介が21得点17リバウンドの活躍を見せたほか、平良南海輝が19得点、宜保隼弥が17得点、上原颯太が16得点をマークし、チームを3位入賞に導いた。

■B.LEAGUE U18 CHAMPIONSHIP 2023 最終順位
1位:レバンガ北海道U18
2位:名古屋ダイヤモンドドルフィンズU18
3位:琉球ゴールデンキングスU18
4位:仙台89ERSU18