2月2日(現地時間1日)。NBAは2024年1月の月間最優秀コーチ賞を発表。ウェスタン・カンファレンスからは2カ月連続でロサンゼルス・クリッパーズのタロン・ルーHC(ヘッドコーチ/通算3度目)、イースタン・カンファレンスではニューヨーク・ニックスのトム・シボドーHC(通算8度目)が選ばれた。

 ルーHCが指揮を執るクリッパーズは、1月をウェスト首位ならびにリーグ3位の12勝3敗でフィニッシュ。オフェンシブ・レーティングでリーグベストの124.6を残したほか、フィールドゴール成功率51.1パーセントでリーグ2位、3ポイントシュート成功率42.3パーセントとフリースロー成功率82.8パーセントでいずれもリーグトップの数値をマーク。

 一方、ニックスはシボドーHCの下で1月をリーグベストの14勝2敗で終えた。ディフェンシブ・レーティング(104.4)とネット・レーティング(+15.8)でリーグ首位に立ったほか、平均失点(100.1)、被フィールドゴール成功率(43.9パーセント)でも30チームのうち1位のスタッツを残した。

 なお、1月の月間最優秀コーチ賞の候補に挙がったHCたちは下記のとおり(以降チーム名は略称)。

◆■2024年1月の月間最優秀コーチ賞候補に挙がったHCたち

<ウェスタン・カンファレンス>
マーク・デイグノート(サンダー)
ウィル・ハーディ(ジャズ)
テイラー・ジェンキンス(グリズリーズ)
フランク・ボーゲル(サンズ)

<イースタン・カンファレンス>
JB・ビッカースタッフ(キャバリアーズ)
リック・カーライル(ペイサーズ)
ジョー・マズーラ(セルティックス)

【動画】1月にニックスの選手たちが繰り出したベストプレー集はこちら!