2月3日から4日にかけて、「令和5年度 第34回関東高等学校バスケットボール新人大会」が埼玉県で開催された。

 男子は「インターハイ2023」を制した日本航空高校(山梨)が優勝を果たした。エースのオルワペルミ ジェラマイアは、1回戦で30得点14リバウンド、準々決勝で44得点28リバウンドと驚異的なパフォーマンスでチームを勝利に導く。準決勝の八王子学園八王子高校(東京)との試合では19得点15リバウンドとやや得点が伸び悩んだが、司令塔の大道一歩が25得点10アシスト5スティールと存在感を発揮。

 さらに、國學院大学久我山高校(東京)との決勝では、ジェラマイアが27得点20リバウンド、三村デールアンソニーが25得点13リバウンド、大道が24得点10アシストとそれぞれ躍動し、96−64で頂点まで駆け上がった。

 一方、女子は昭和学院高校(千葉)が栄冠を手にした。1回戦では正智深谷高校(埼玉)に79−31で快勝すると、準々決勝では月松蒼は24得点とチームを引っ張り、鵠沼高校(神奈川)を撃破。さらに、八雲学園高校(東京)との準決勝では、前田珠涼が26得点11リバウンドを挙げ、決勝の舞台へ勝ち進んだ。

 男女アベック優勝を狙う日本航空(山梨)との決勝は、一進一退の攻防が続く好ゲームに。6点ビハインドで第4クォーターを迎えるも、最後の10分間は23−15と昭和学院が上回り、55−53と接戦を制して優勝を飾った。

 今大会の試合結果や最終順位は以下のとおり。

■「令和5年度 第34回関東高等学校バスケットボール新人大会」大会結果
【男子1回戦】
國學院大学久我山(東京) 73−64 前橋育英(群馬)
文星芸術大学附属(栃木) 102−70 横浜清風(神奈川)
土浦日本大学(茨城) 61−74 正智深谷(埼玉)
自然学園(山梨) 102−101 県立八千代(千葉)
市立船橋(千葉) 69−106 日本航空(山梨)
昌平(埼玉) 56−60 桐光学園(神奈川)
宇都宮北(栃木) 59−96 つくば秀英(茨城)
明照学園樹徳(群馬) 55−110 八王子学園八王子(東京)

【男子準々決勝】
國學院大学久我山(東京) 87−70 文星芸術大学附属(栃木)
正智深谷(埼玉) 103−76 自然学園(山梨)
日本航空(山梨) 94−69 桐光学園(神奈川)
つくば秀英(茨城) 66−81 八王子学園八王子(東京)

【男子準決勝】
國學院大学久我山(東京) 76−73 正智深谷(埼玉)
日本航空(山梨) 94−75 八王子学園八王子(東京)

【男子決勝】
國學院大学久我山(東京) 64−96 日本航空(山梨)

【女子1回戦】
千葉英和(千葉) 80−63 高崎商業(群馬)
実践学園(東京) 61−75 日本航空(山梨)
矢板中央(栃木) 72−88 昌平(埼玉)
星槎国際湘南(神奈川) 46−51 明秀学園日立(茨城)
昭和学院(千葉) 79−31 正智深谷(埼玉)
市立前橋(群馬) 50−70 鵠沼(神奈川)
土浦日本大学(茨城) 66−76 八雲学園(東京)
富士学苑(山梨) 72−80 白鴎大学足利(栃木)

【女子準々決勝】
千葉英和(千葉) 71−78 日本航空(山梨)
昌平(埼玉) 66−58 明秀学園日立(茨城)
昭和学院(千葉) 95−65 鵠沼(神奈川)
八雲学園(東京) 87−60 白鴎大学足利(栃木)

【女子準決勝】
日本航空(山梨) 68−58 昌平(埼玉)
昭和学院(千葉) 90−67 八雲学園(東京)

【女子決勝】
日本航空(山梨) 53−55 昭和学院(千葉)

■最終順位
【男子】
優勝:日本航空(山梨)
準優勝:國學院大学久我山(東京)
第3位:正智深谷(埼玉)、八王子学園八王子(東京)

【女子】
優勝:昭和学院(千葉)
準優勝:日本航空(山梨)
第3位:昌平(埼玉)、八雲学園(東京)