2月6日(現地時間5日)、八村塁所属のロサンゼルス・レイカーズが敵地のスペクトラム・センターでシャーロット・ホーネッツと対戦した。

 レイカーズは八村が2試合連続で先発に名を連ね、ディアンジェロ・ラッセル、オースティン・リーブス、レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビスとともにコートに立った。

 試合序盤に一時7点のビハインドを背負ったが、ラッセルやリーブスの“3点プレー”などで逆転に成功。 トーリアン・プリンスやクリスチャン・ウッドといったベンチメンバーも得点を挙げ、37−29と8点リードで第1クォーターを終えた。

 第2クォーターに入ると、ラッセルの連続3ポイントシュート、レブロンの豪快ダンクが炸裂。八村も長距離砲を沈めるなど、オフェンスで圧倒し、74−58と点差を広げた。

 前半を終えて、ラッセルが22得点、レブロンが17得点、デイビスが12得点。八村はフィールドゴール試投数が2本にとどまったが、デイビスに次ぐ4リバウンドを挙げた。

 八村は第3クォーター序盤にインサイドで連続得点をマークすると、残り5分20秒にはリーブスのアシストからアリウープダンク。一時リードを21点にまで広げたが、終盤に連続で3ポイントを決められ、100−86で最後の12分間に突入した。

 第4クォーターはマイルズ・ブリッジズやブランドン・ミラーを止められず、試合終了残り2分6秒に113−117と4点差。終盤は逃げきりに成功し、124−118で勝利を収めた。

 連勝を「3」に伸ばしたレイカーズは、ラッセルが28得点6アシスト、レブロンが26得点7アシスト、デイビスが26得点15リバウンド11アシスト3ブロックを記録。八村は29分13秒のプレータイムで9得点5リバウンド1スティールをマークした。

■試合結果
シャーロット・ホーネッツ 118−124 ロサンゼルス・レイカーズ
CHA|29|29|28|32|=118
LAL|37|37|26|24|=124

【動画】八村塁 リーブスのアシストから豪快アリウープダンク