2月10日(現地時間9日)、八村塁所属のロサンゼルス・レイカーズがホームのクリプトドットコム・アリーナでニューオーリンズ・ペリカンズを迎え撃った。

 9日のデンバー・ナゲッツ戦は106−114で黒星を喫したレイカーズ。ペリカンズ戦の先発には八村、レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、オースティン・リーブス、ディアンジェロ・ラッセルが名を連ねた。

 第1クォーターの開始3分に八村は3ポイントシュートで初得点を決めると、ダンクやレイアップも成功し、36−39とレイカーズの3点ビハインドで第2クォーターへ。続く12分間ではラッセルが怒涛の勢いで3点弾を炸裂し、八村やレブロンもアウトサイドシュートで追撃。レイカーズは第2クォーターだけで51得点を挙げる高効率なオフェンスを披露し、87−74の13点リードで試合を折り返した。

 第3クォーターでも八村は好調を維持し、序盤には“師匠”レブロンを想起させるチェイスダウンブロックをお見舞い。中盤にかけて点差を詰められた場面でも連続ダンクでチームを鼓舞し、終盤にはラッセルが再び連続3ポイントを沈め、115−102と13点を先行して最後のクォーターへ。

 勝負の第4クォーター、レイカーズはリーブスがオフェンスをリードし、ディフェンスではデイビスがリバウンドにブロックと躍動する。残り2分半にペリカンズがタイムアウトを切ると、互いに主力を下げてベンチメンバーを投入し、最終スコア139−122でレイカーズが試合を制した。

 白星をつかんだレイカーズはラッセルが30得点5アシスト、リーブスが27得点4アシスト、レブロンが21得点4リバウンド14アシスト、デイビスが20得点6リバウンド6アシストをマーク。先発の八村は36分51秒の出場時間で21得点5リバウンドの高パフォーマンスを発揮した。

■試合結果
ロサンゼルス・レイカーズ 139−122 ニューオーリンズ・ペリカンズ
LAL|36|51|28|24|=139
NOP|39|35|28|20|=122

【動画】八村の豪快ブロックに沸くアリーナ!