2月20日(現地時間19日、日付は以下同)。ミネソタ・ティンバーウルブズのマイク・コンリーが、2年2100万ドル(約31億5000万円)の延長契約に合意したと代理人が『ESPN』へ伝えた。

 ウルブズ在籍2年目をプレーするコンリーは、NBAキャリア17年目のポイントガード。今シーズンはここまで50試合に出場し、平均28.9分10.6得点2.9リバウンド6.4アシスト1.0スティールに3ポイントシュート成功率44.2パーセント(平均2.3本成功)を記録。

 契約最終年となっていた今シーズンの年俸が2436万ドル(約36億5400万円)のため、36歳のベテラン司令塔は今後2シーズンの年俸が今シーズンの半額以下という破格の契約となる。

 2シーズン連続でプレーオフへ出場しているウルブズは、ウェスタン・カンファレンス首位の39勝16敗でオールスターブレイクを迎えており、19日の「NBAオールスターゲーム2024」にはアンソニー・エドワーズ、カール・アンソニー・タウンズが出場。

 ウルブズはエドワーズとジェイデン・マクダニエルズが2027−28シーズンまで契約下におり、今回コンリーと延長契約を結んだことで、この3選手にタウンズ、ルディ・ゴベアという先発陣を少なくとも2024−25シーズンまで契約下へ置くことに成功した。