B2各チームは12月にも11試合を消化しているが、同じく各チーム11試合が組まれている3月は順位争いの要素が強くなり、タフさがさらに要求される。越谷アルファーズも、B1昇格という目標達成のためにはここを力強く戦わなければならない。

 ただ、前節は昇格争いのライバルになる可能性もある滋賀レイクスに連敗。1試合平均失点が80点を超える滋賀を相手に得点が伸び悩んだのは、喜多川修平と松山駿を欠いて3ポイントシュートの威力を失ったことも要因だが、それ以上にターンオーバーの多さが大きく影響した。今節はオフェンスの質にこだわりたい。

 その相手、山形ワイヴァンズも福島ファイヤーボンズとの直接対決に敗れて2ゲーム差に迫られた。これで6連敗となったが、その6試合はすべて90失点以上。特に相手の2ポイントシュート成功率が高く、インサイドのディフェンスに課題を抱えているのは明白だ。ワイルドカード1位の座は守っているが、4チームが4ゲーム差以内に迫り、危機感が募る。

 第9節の対戦で越谷は第1戦を93失点で落としたが、第2戦は63失点に抑えて勝利。この試合でオフェンス9本を含む15リバウンドをマークしたアイザック・バッツの働きは、今回も攻守両面で不可欠となる。それを防ぎたい山形は、インサイドの守りを固めることが第一。オフェンスでは、前節に今シーズン初めてスターター起用され、2戦とも2ケタ得点の阿部龍星がキーマンとなる。

 前々節に西地区首位に返り咲いた滋賀は6連勝中。越谷との前節第1戦は、失点が第13節以来の60点台とディフェンス面に一定の成果を得られた。対する愛媛オレンジバイキングスはベルテックス静岡に連敗し、B3自動降格圏の岩手ビッグブルズと1ゲーム差になった。今シーズンの対戦は滋賀が4戦全勝。愛媛が一矢報いるにはフリースローでの失点を減らす必要があり、昨シーズンまでのチームメートでもあるライアン・クリーナー対策は特に欠かせない。

 オフェンスの波が大きい神戸ストークスは、前節のバンビシャス奈良戦も第1戦が56得点で黒星。第2戦は勝ったが、オーバータイムにもかかわらず71得点止まりだった。ライジングゼファー福岡も前節は得点が伸びず、岩手に対して第1戦は落とし、第2戦も勝ったとはいえわずか2点差。ディフェンスでは福岡に分があり、神戸としては戦列に戻ったものの、調子の上がっていないアイザイア・アームウッドの奮起を促したいところだ。

 1ゲーム差でB2残留争いの当落線上にいる奈良と岩手は、第9節の対戦で奈良が連勝。ただ、岩手は今節の連勝で順位を逆転し、B3降格圏から脱する上、2戦合計で18点差をつければ直接対決の得失点差でも優位に立つ。期待したいのは、前節に福岡撃破の原動力となった横川俊樹の得点力。対する奈良は、経験豊富な本多純平がチームを鼓舞できるか。戦略家である奈良・小野秀二ヘッドコーチ、岩手・鈴木裕紀HCの駆け引きも大きなカギを握る。

文=吉川哲彦

■B2第24節試合日程
・滋賀レイクスvs愛媛オレンジバイキングス(@滋賀ダイハツアリーナ)
GAME1:3月2日(土)14時〜 GAME2:3月3日(日)14時〜

・青森ワッツvs福島ファイヤーボンズ(@マエダアリーナ)
GAME1:3月2日(土)15時〜 GAME2:3月3日(日)15時〜

・越谷アルファーズvs山形ワイヴァンズ(@越谷市立総合体育館)
GAME1:3月2日(土)15時〜 GAME2:3月3日(日)14時〜

・熊本ヴォルターズvsベルテックス静岡(@熊本県立総合体育館)
GAME1:3月2日(土)15時〜 GAME2:3月3日(日)14時〜

・神戸ストークスvsライジングゼファー福岡(@加古川市立総合体育館)
GAME1:3月2日(土)16時〜 GAME2:3月3日(日)14時〜

・バンビシャス奈良vs岩手ビッグブルズ(@ジェイテクトアリーナ奈良)
GAME1:3月2日(土)17時〜 GAME2:3月3日(日)14時〜

・新潟アルビレックスBBvsアルティーリ千葉(@シティホールプラザアオーレ長岡)
GAME1:3月2日(土)17時40分〜 GAME2:3月3日(日)14時10分〜