米国現地時間4月8日、ニューヨーク市ブルックリンのバークレイズ・センターにてロウが開催され、レッスルマニアでの勝者総取り戦を制してロウ&スマックダウン女子王者となったベッキー・リンチがリングに登場し「何も持たずに試合して、すべてを手にしてリングを降りたぞ」と二冠奪取を会場のファンに報告し、相手が誰でも対戦する準備ができていると主張した。
 そこへ突如レイシー・エバンスが登場し、吟味するようにベッキーと対峙するといきなり顔面パンチ一撃。倒れ込んだベッキーだったが、そのまま去っていくレイシーに襲い掛かって2人は乱闘に発展。激しく殴りかかる王者ベッキーに対してもレイシーは一歩も引かず2人の因縁が勃発した。