米国現地時間4月8日、ニューヨーク市ブルックリンのバークレイズ・センターにてロウが開催され、新ユニバーサル王者セス・ロリンズと新WWE王者コフィ・キングストンが勝者総取り戦もザ・バーの襲撃でノーコンテストとなった。

 オープニングに登場したロリンズは「俺はみんなが誇りに思う闘う王者になる」とレスナーを皮肉った発言で会場を沸かせると、そこにニュー・デイが登場しキングストンが「女子の勝者総取り戦はすばらしかった。俺たちも王者同士で対戦するのはどうだ?」と男子の頂上決戦を提案し王者同士の勝者総取り戦が決定。
 メインで行われたこの試合はお互いの大技を読み合う白熱の攻防を展開するも、突如ザ・バーのシェイマス&セザーロが2人を襲撃して試合はノーコンテストに。その後、ロリンズの対戦要求で移行したタッグ戦ではザ・バーが抜群のチームワークで攻め込むも、最後はキングストンのトラブル・イン・パラダイスからロリンズがカーブ・ストンプをセザーロに決めて勝負あり。ロリンズ&キングストンはザ・バーを撃退すると、タイトルを掲げて勝利をアピールした。