現地時間4月23日、ネブラスカ州リンカーンのピナクル・バンク・アリーナでスマックダウンが開催され、中邑真輔(withルセフ&ラナ)がスマックダウン・メイン戦でWWE王者コフィ・キングストン(withエグゼビア・ウッズ&ビックO)とシングル戦で激突した。

 中邑は腕十字固めから三角締めと得意の関節技で攻め込み、キングストンはクロスボディやドロップキックなどの身体能力を生かして躍動し白熱の攻防を展開。
 しかし、中邑はキンシャサをカウンターのダブルストンプで迎撃され、さらにキングストンのSOSを食らってピンチに陥ると、そこにパートナーのルセフが乱入してキングストンを攻撃。試合は反則裁定となると、ウッズとビックOが中邑&ルセフに反撃。しかし、ここでビックOことケビン・オーエンズが裏切ってキングストンにスーパーキックを炸裂。ニュー・デイのTシャツを破り捨てたオーエンズはWWE王座ベルトを掴んでキングストンを踏みつけると、ウッズに対してもパワーボムでエプロンに叩き付けて新ニュー・デイを崩壊させた。