6日、帝国ホテルにて『ストロングスタイルプロレス』に関する記者会見が行われた。
 まず会見には、リアルジャパンプロレスの平井丈雅代表と新間寿幹事長が出席した。
 
平井代表「次回大会を開催するかしないかなかなか発表ができなかったんですけれども、本日この会見をもって次回大会を行うことを発表させたいただきます。お日にちですが、6月26日金曜日、試合開始18時30分。本来、ストロングスタイルプロレスといたしましては、6月25日の木曜日に定例の後楽園ホールでの開催を当初は予定しておりました。その後、皆様もご存知のコロナの影響により、最終的に6月26日金曜日、会場はストロングスタイルプロレス特設ホールということで未公表とさせていただきます。形式はお客様を入れずに無観客試合とさせていただきます。ファンの皆様への試合の放送につきましては、同日同時刻、生中継にてニコニコプロレスチャンネルにて実況生中継を行わせていただきます。出場選手としましては、当社のスーパー・タイガーと間下隼人。間下は前回3月大会で将軍岡本選手がお持ちでありましたUWAアジア・パシフィック王者を奪取致しまして、現第4代王者となっております。5年前、佐山サトル総監が狭心症により戦線を離脱した直後より、佐山総監の不在の間はスーパータイガー、間下隼人と一緒に俺が守るとおっしゃっていただいた船木誠勝選手にも参戦を表明していただきました。その他、参戦選手対戦カードは近日中に発表させていただきたいと思います。よろしくお願い致します。本実行委員会委員長、新間寿幹事長よりお言葉を頂戴したいと思います」

新間寿幹事長「佐山サトルもこの日には、無観客試合ですけれども必ず出てきてくれると私は思っております。6月26日は、わたくしは、昨年WWEの殿堂入りのもとになった、アリ猪木戦の記念日でございました。世界格闘技の日として知られておりますが、誰がそういう日にちを決めたのかいまだもって、私はわかりません。しかしこの日に、佐山サトルが元気な姿を、無観客試合ですけども、試合場に来てもらえる。これが一番の喜びでございます。そしてその留守を守っていた、スーパーと間下と、そして平井が一生懸命になって無観客。
 最初3月19日はどうしようかということがありました。しかしわたくしが子供の頃、前も言いましたけども、日本の終戦を昭和20年8月15日、戦地から数百万の人々が日本に帰国をいたしました。タバコも満足に専売公社としては売ることもできないような状況が続いた時に、コロナとピースが発売になりました。当日は朝からそのタバコ屋の前に一人一箱だということで長蛇の列ができました。コロナが10円、ピースが5円でした。ピースはノアの箱舟の世界が大洪水の日に、もうそろそろ水が引いたんじゃないかと言って、ノアが鳩とかその他の鳥を船から空中に放ったあと、鳩がオリーブの葉を加えてノアのもとに戻ってまいりました。鳩がオリーブの葉を咥えてきた。もう水は引いて陸地がかならずあるんだということで、ピースのその当時のデザインが100万円だというデザイン料を専売公社が支払ったと。コロナが10円、ピースが5円でしたけど、その5円のピースが、10円のコロナを追い抜いて、非常な売れ行きを示しました。その今、コロナが世界を覆っている日に、コロナ撲滅のために、タイガーマスクは再起を、6月26日に目標を定めて、自分も平井、当日は会場に出向くぞと、そういう事を言ってくれました。無観客試合の中で、タイガーマスクが、佐山サトルが、自分の病魔に打ち勝って、リング上に無観客試合でもありますけどもそこに登場するという意義をわたくしは6月26日、殿堂入りのもととなったアリ猪木戦のこの記念日に、彼がこのリングに上がるという日にちがまもなくだということを、今日はお知らせして、わたくしの最後の記者会見の挨拶になるのではないかと。
 わたしもコロナ対策の間、毎日のように読書にふけり、トレーニングに励んでまいりました。一番ハマった本は、津本陽という作家と、それから今野敏さんでございました。日本の古代の格闘技を紐解きながら、日本の歴史を書きながら、私達に示しながら、今野敏という人の作家の根に触れたという喜びが、コロナによって私の知識のなかに、また天照大御神とか、ギルガメッシュ氏とか、色んな歴史の模様がこの小さな脳の中にしっかりと入り込むことができました。闘神伝説、それを読むたびに私は佐山サトルを思っておりました。何百万人、何千万人に一人の逸材であったタイガーマスクを、私は世に送り出したんだ。そういう喜びを持って、6月26日は、今回は平井が全責任をもって、この6月26日を資金から場所から選手をしきってくれました。私はタイガーが6月26日リングへ上がった時点で、私はこれから記者会見は、傍観者として平井の話す元気な平井節を傍から聞き、傍から見て、私の喜びとする、人の喜びを見て喜ぶ、それが私と平井とタイガーマスクの合言葉でございました。タイガーがリングへあがることによって、多くの人に元気を与え、そして彼の気持ちを伝える事が、今週来週、神田明神であるイベントを行いますんで、それは当日、神田明神の記者会見の時に、その時まで私は出させていただきます。みなさん本当に長いことありがとうございました。そして6月6日に、昨年WWEの殿堂入りを知らされた喜びを、一周年、その記念を今一度、この帝国ホテルで皆さんとともに、わたくしは努力したものは必ず報いられるんだと、そういう思いを込めて、もう一度皆さんと食事会をしたく思っております。今日は本当にありがとうございました」

(スーパー・タイガーと間下隼人が会見場へ登場)
スーパー「この大変な時期に、6月26日、無観客ではありますが戦いの場をご提供いただいた新間会長、そして平井代表に心から感謝の思いを伝えたいと思います。ありがとうございます。今どの団体も、そしてどの競技、格闘技、スポーツ界、無観客でもまだできるだけ、発表の場があるだけ我々選手としましては非常にありがたい次第であります。できることであれば、お客様の前で戦いを、パフォーマンスを発揮したいのではありますが、今回無観客での配信ということで、普段東京近郊でないお客様が、また海外のお客様を含め、我々リアルジャパン、このストロングスタイルプロレスをまた新たな形でご提供できるまた一つのチャンスでもあると思っております。私個人としましては、3月の藤田選手との戦いにおいて、非常にツラい現実をつきつけられた、そういった形で終わりましたが、終わったあとの船木誠勝選手からの一喝、それによりまた私自身の心に火が付き、また今回この3ヶ月、他団体を含めずっと我慢してきました。延期中止、その思い、その中でしっかりトレーニングをしてきた思い、そしてパフォーマンスをしっかりとこの26日にしっかりと形として見せていきたいと思います。まだ対戦カードは決まっておりませんが、私としましては前回の戦い、まだまだ続けさせていただきたい部分がありますので、その旨を新間幹事長、平井代表に汲んでいただけましたらと思います。以上です」

間下「リアルジャパン間下です。前回3月の戦いでですね、すごく長く遠回りしましたけど、ようやく初のタイトルを奪取というか、取り返すことできましてですね、毎日ベルトが愛おしい次第です。先程先輩のスーパータイガーが全部気持ちは言ってくださいましたので、こういった場所を改めて用意してくださった新間会長、平井代表にほんとに感謝していますし、このご時世、世界が大変な時に、こういった配信という形でも試合ができる、戦いの場所があるというのは本当に嬉しいことなので、このベルトの価値をあげるのは僕だと思っているので、一生懸命当日迎えるまで、当日までしっかり楽しみながら試合したいと思います」

新間寿「2人頑張って。ほんとに、この人(初代タイガー)がいたっていうことで、ここに我々がいるんだってことでね」

――6月の26日ということも記念ですけれども、この6月というのはリアルジャパンプロレスの15周年でもある。これについては、記念記念で無観客試合というのも記念ですが、そのへんについては
新間寿「無観客試合だから、前から言うように、昔は新日本プロレスの道場へ記者たちも一緒に来てトレーニングやった時代っていっぱいあったわけ。今回無観客試合ですから、賞金を出しますから、記者たちのバトルロイヤルを是非やっていただきたい。新間寿提供でバトルロイヤル、賞金10万円で4人でも5人でもいいから出てきていただけませんか?昔リング上でハルクホーガンとか、すごい力持ちいたんで一人。ベンチプレス大会やったことがあって、私63歳の時に150kgあげたんです。今なんかわたしより皆若いじゃない。バトルロイヤル優勝賞金10万円。是非無観客試合へ、プロレス記者主催における試合を提供致します。ニコニコプロレスチャンネルで、是非放映してもらいましょう。それが私の提案です。6月の記念のね。
 6月はほんとに15周年記念でね、新日本プロレスに居た時10周年記念で表彰式してもらって、15年になる前にクーデター起こってクビになったからね。でもまぁ、6m40のリングの中で、鍛えに鍛えた人たちが多くの人々にむかって、感動、そういう物を与え続けるレスラーというこの人達に対して、わたくしは本当に尊敬の念を持ってた。この人たちが闘うことによって、そのリングの中のその試合を多くの人たちに見てもらう、多くのファンが、その試合を見て喜ぶ、喜ぶ姿を見て喜ぶのが私であり大塚直樹だった。今15周年考えてみると、これを私の代わりにやってきたのは、やっぱり平井だなと。10周年の時に、平井に表彰状を、佐山サトルと一緒に渡す時に、平井が受け取った時に大号泣した。あのシーンをもう一度やってやろうかなと思ってたんだけど、無観客では平井も泣くのはちょっと泣きごたえないからね。また日にち決めて平井は絶対表彰してやろうと思う。でもまあ、ここんとこ(タイガーのマスクを)かぶってるけども、気分良いねこういうの被るとね。今度はあの、全員にさ、これ作って記者たちもこれかぶって取材するっていう試合を、そういう試合を一試合だけ皆さんかぶってくださいって言って、佐山サトルにサインをもらったマスクを予告をして、皆さんにかぶってもらう。その1試合、誰の試合を記者たちがかぶるかによって、選んだ試合に対して賞金を出して、そんな事も色々考えてますから。これからストロングスタイルじゃなくて、楽しいプロレス、そして多くの人が参加できるような、そういうプロレスというのを私はちょっと一歩引いて考えていきたいなとそういうふうに思っております」

――スーパー・タイガー選手、15周年振り返ってどうですか?
スーパー「記憶に残ってるところだとやっぱり、まず最初にマスクをかぶって、今は新日本プロレスまた戻られて活躍されてる鈴木みのる選手とタッグを組むという、初代タイガーマスクに反旗を翻して敵側についた、そのなかで鈴木みのる選手が僕に教えてくれたこと、何が足りないのか、そこからまたベルトを初めて取った長井満也戦、そして急遽タイトルマッチに変わったタカ・クノウ戦の格闘技戦もそうですし、船木選手から初めてベルトをとった試合、そして今は何よりアントニオ猪木最後の後継者、藤田和之との頂上決戦、この中で今自分が歩んできた15周年の中のストロングスタイルプロレス、ここまで来たのかと。今の日本のプロレスラーのなかで、それだけの思いを持って、ストロングスタイルという言葉を背負い戦っている選手はどれだけいるのかと。15年を通してリアルジャパン、そして私自身も成長できましたし、まだまだ今の既存のプロレスに対して示していかなきゃいけない。新間会長が、平井代表が場を提供してくださる限り、私達はしっかりとその思いを形にして、戦いで表現していきたいと思っております」

――15周年ということで、今までゆかりの選手の出場などは考えていらっしゃいますか?
平井代表「2005年6月9日に後楽園で旗揚げ戦を行いまして、その時のメインイベントが初代タイガーマスク対大谷晋二郎選手。そしてその後、当初はリアルジャパンの立ち上げの時にプロレスだけでなく格闘技の試合と融合させた大会をしておりました。そのような中で、格闘技選手、プロレスラー、多くの選手の人たちに出ていただきました。やはり15周年、6月大会ということで、無観客試合ではありますが、思い出深い方をどなたかお呼びしたいという気持ちは強く思っています。また、カードにつきましては、今一つもカードは決まっていないんですけど、前回3月大会に置きまして、スーパー・タイガーが藤田和之、杉浦選手の藤田軍に苦しい現実を見せつけられました。先程スーパータイガーよりも意気込みがあった以上、船木さんのスーパー・タイガーに叱咤激励していただいたあの姿、これは何が何でも藤田軍に関してリアルジャパン軍として雪辱をしていかなければいけないと思っておりますので、できれば相手には藤田和之をトップとする軍、そして、スーパー・タイガーを、そして佐山総監が不在の間リアルジャパンを俺も守ると言ってくれた船木選手を始めとするリアルジャパン軍、まだメンバーは決まっておりませんが、その布陣は必ずしていきたいと思っております。いまだに病に伏せっております初代タイガーマスク佐山サトル総監、そして50年間ずっと佐山総監を導き、新日本プロレスに入団を許可し、初代タイガーマスクを誕生させ、この15年間を一日たりとも変わらず我々に対して愛をそそぎ込んでくださっております新間会長、そのお二人の思いにきちんと答えられる大会にしなければいけない。その気持ちだけです。
 2005年6月9日に旗揚げ大会を行った時、佐山総監はこう言いました。リアルジャパンプロレス、初代タイガーマスクの団体を、君がやっていく上で、絶対に忘れてはいけないことがある。この団体は、プロレスラーとしての実力はもちろんのこと、誰が相手に来ても負けることはない。そういう意味での力も全て持った人間がリングに立ち、この団体に参戦しリングに立ち、やる、そのリングだということを絶対に忘れないでこれから運営していってほしい。その言葉は常に私の心に離れることはありません。そして、当然のごとく新間会長、佐山総監と同じ思いを私達に示してくださっています。皆様のご期待に答えられる団体になりたいと思います。よろしくお願いします」

――場所は非公開ですが、この時期ですと規定内であれば観客を入れられると思いますがそれでも無観客にした理由は
平井代表「その理由を言います。遡りまして3月19日、前大会の時はやはりコロナの戦時下におきまして、ギリギリまで開催するべきかそうでないべきかの議論もありました。その時に新間会長は、力強いお言葉を発していただきました。コロナをぶっとばせ。この言葉に我々選手含めてファンの皆様含めて、もちろん色んなご意見ありましたけれども、その言葉にどれだけ勇気づけられたか。もし万が一の事もあるかもしれないという不安はゼロとはいいませんでしたが、開催できたことは今でもほんとに良かったと思っております。その大会を経て、その後緊急事態宣言という事態に陥り、今おっしゃったように、6月26日という日付におきましては、その前後お客様を入れてやるという選択肢ももちろんゼロではありませんでしたが、この大会は、うちの試合を見ていただくのであれば、お客様を入れるのであればやはり沢山のお客さんの前で、選手も精一杯の戦いをしていただきたい。それが若干のお客様に対して限定するということになると、お客様に対しても選手のみんなに対しても、果たしてそれがいいのか考えました時に、今回は誰でも見ていただける無観客、インターネット放送という形にさせていただいて、次回、また誰が見てもお客様を入れても大丈夫だぞという状況になりましたあかつきには、思う存分お客様に来ていただき、選手の試合を見ていただきたい。そういう気持ちからでございます」

――放送形態など色々あると思いますが、どのような形での大会の形態になる予定でしょうか?
平井代表「今回は無観客試合ということで、幅広いお客様にかつ、試合の当日同じ時間でリアルタイムの時間で見ていただきたいという気持ちが一番にたちましたものですから、インターネットのニコニコプロレスチャンネル様にて実況を入れての実況生中継という形にさせていただくことに決定いたしました。先ほどスーパーも言いましたように、普段リアルジャパンも東京での開催が主になりますので、なかなか関東近県以外の方々はなかなか見に来れにくい状況ではありましたのですが、放送であれば全国の皆様も世界の皆様もご覧になっていただけるので、良い機会と捕らえて、今回決定いたしました」

――スーパー・タイガー選手、船木選手からの厳しい言葉「佐山総監に頼ってる」というその言葉で、佐山総監に対する思いは変わることはあったのか、今度の大会に向けて変わった部分は?
スーパー「私自身も、初代タイガーマスクが欠場されるようになってから、責任という部分はしっかり果たし、そのうえで戦っていって、その中でも勝つ時もあれば負ける時もあり、長く見ていただいてる船木選手の中で、やはりもう一皮向けきれない部分というのが今回の船木選手のお言葉だったのかなと、自分自身ではそういうつもりはなくとももう一息越えてくれと。藤田和之を通して、プロレスラーとしても、格闘家としても日本を背負う人間としてもうひと押し、もう一皮、その部分が前回の発言に繋がったのかなと私自信は解釈しております」

――お二人は無観客ということで今までと違うことをやろうという考えはありますか
間下「対戦相手が決まっていないんですけど、願わくば僕は防衛戦を頭の中に思い描いているので、せっかく13年、4年かかってとったベルトですから、それまで温めてた何かひらめきとかがあれば、新しい技があれば試そうかなとはもちろん思っています」

スーパー「今回無観客ということでお客さんが入らない、声援もあればヤジも含め、それが体感できない部分と、実際生で見た場合と映像通して見る場合、この違いはどうしても出てくると思います。その部分でいかに映像を通してでも、このリアルストロングプロレスの激しさを見せられるのか、そういった部分をしっかり意識しながら戦っていきたいと思います」

初代タイガーマスク 佐山サトル『ストロングスタイルプロレス Vol.6』
開催日時:2020年6月26日(金)
開始:18:30
会場:ストロングスタイルプロレス特設ホール
形式:無観客試合(ニコニコプロレスチャンネルにて生中継)
出場予定選手:スーパー・タイガー/船木誠勝(フリー)/間下隼人/他