10日、江戸総鎮守である東京・神田明神(神田神社)にて会見が行われ、初代タイガーマスクとの3ヶ月に及ぶ様々なコラボレーションが発表された。

 会見には初代タイガーマスクを生み出した“昭和の過激な仕掛け人”新間寿、初代タイガーマスクのプロレス団体”リアルジャパンプロレス”平井丈雅代表、神田明神の禰宜である岸川雅範氏が登壇。
 まずは岸川氏より、プロレスラーでは初となる神社との正式なコラボお守り『初代タイガーマスク 勝守』の授与が6月13日から開始されることが発表された。勝負の神様でもある神田明神からのお守りを受け取った新間寿は「平将門を守護神として持っている神田明神。ここでタイガーマスクがコラボして、気力がなくなっているコロナのこの時代にこのお守りが出るという。本当にタイガーマスクの力が宿るこのお守りを多くの人に持ってもらいたい!これを持つことによって自分自身の気力が充実していく」と熱弁。

 続いて、神田明神境内にある資料館にて7月11日から8月30日末まで『初代タイガーマスクの武道精神と日本文化展』の開催が発表され、内容に関して岸川氏より『初代タイガーマスクのマスク、および初代タイガーマスクの変遷を展示すると同時に、昔の武道の精神や、日本の文化のもとになっております江戸時代の学問『国学』より初代タイガーマスク・佐山サトルさんが尊敬していらっしゃる本居宣長という方の資料展示を行います。神田明神も本居宣長、さらには他の国学者に非常に関係のある神社ですので、歴史資料も同時にコラボ展示させていただきたいと思っております」と説明があった。なお入館者の方には『ビックリマンシリーズ』でゼウスなどをデザインしたエサカマサミさんによる初代タイガーマスクデザインシールがプレゼントされるという。

 さらに、神田明神が文化講座として年に数回開催している『明神塾』にて、8月26日に初代タイガーマスク・佐山サトルによる『武道と日本文化について』の講演が行われる事も決定した。

今回のコラボに関して平井代表より「佐山総監も今回の神田明神さんとのコラボレーションを非常に喜ばれておりまして、8月26日の講演『初代タイガーマスクの武道精神と日本文化展』におきまして、『プロレスに並び自分の人生の一番のテーマであります武道についてお話ができることを心より嬉しく思います』と言っておりました」と、会見に来場できなかった佐山サトルに変わりメッセージを伝えた。

 初代タイガーマスクと神社のコラボは、コロナ禍にあえぐ世の中に新たな力を与えるものとなりそうだ。