【#プロレス今日は何の日】

1986年6月17日 新日本プロレス 愛知県体育館
アンドレ・ザ・ジャイアントvsアントニオ猪木!

IWGP王座決定リーグ戦Aグループ公式戦、勝ったほうが決勝進出というこの試合!
第4回インターナショナルレスリンググランプリは昨年のトーナメント形式からリーグ戦形式に戻し、第一次UWFが崩壊して新日本に合流した前田日明が注目を集め、さらにこの年には長州力ら分裂したジャパンプロレス勢のリング内外での動きが注目されていました。藤波辰巳が前田日明との試合で大流血したのもこの年ですね(よろしければ6月12日の方もご覧ください)

ゴング前、自身のマネージャーを務める将軍KY若松がリングから降りる時にロープをぐっと引っ張ってあげるアンドレ。「実はいい人感」が出ますね(笑)
リングから降りた若松はもちろん拡声器で吼えております。

カウンターのスリーパー、がぶりのネックロック、ロックアップを捌いてネックロックなどめちゃくちゃ器用に締め上げるアンドレ!レスリング上手いですよね。
コーナーに迫って来たアンドレを猪木がバッとかわすと、アンドレは鬼の形相!厳しい攻めをなんとか耐え抜きコーナーへ振り返す猪木!
金具に誤爆させニードロップを落としたら「けじめの丸坊主」を忘れんがごとく怒涛のストレス発散腕蹴り開始!吼える猪木!延髄斬りでガクンと倒して一気にガキっと腕固め!アンドレ、自身初のギブアップ!

猪木がアンドレから世界初のギブアップ奪取!
ダーっと拳を突き上げ、手を叩き軽やかなステップを踏んだら爽やかな満面の笑顔!
そして、負けたアンドレを気遣う若松の様子からも「実はいい人感」が出てますね(笑)

今日もプロレス最高っ!


著者:AJスレンダー
【元祖 #プロレス今日は何の日 since2014 】アメブロで365日分書き溜めております!

キン肉マン、プロレス、ファミコンで育った少年期から早や数十年、
「ほんとにこれで良かったのかな・・・?」と自分の判断に自信がないと相談されたら
「それは選ばれし者の恍惚と不安だよ!ごちゃごちゃ言わんと迷わず行けよ!行けばわかるさ!」と
新旧格闘王mixでお応えします!



プロレストークライブ企画・制作・券売などお手伝いしております。

↓実績一例

「待っていてくれて本当にありがとう!ファイプロ復活祭!」

「俺達のG1クライマックス!ライガーさんに聞いてみよう!」

「Go for broke!俺たちのマサ斎藤さんを語る夜!」

「燃えろ!俺たちのケロちゃん旅日記!」

「山ちゃんがやっちゃった 燃えろ俺たちのUWF」など

その他、プロレス興行のSNS告知・販促協力もさせていただいております。

お仕事依頼やご相談頂けます際はtwitterからお気軽にDMください。

Twitter:@ajslendertokyo