日本時間7月20日、フロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンターにて行なわれたPPV「ザ・ホラーショー・アット・エクストリーム・ルールズ」が配信され、明日の女帝”こと王者アスカ(withカイリ・セイン)と2冠を狙うWWE女子タッグ王者サーシャ・バンクス(withベイリー)のロウ女子王座戦が大混乱となった。
 序盤からサーシャが必殺のバンク・ステートメントを決めて攻め込めば、アスカも飛び付きアーム・バーやヒップアタックで応戦。続けてサーシャがダブル・ニー2連打やフロッグスプラッシュからのバンク・ステートメントで追い詰めたが、アスカもジャーマン・スープレックスからのヒップアタックを放って激しい攻防を展開した。試合終盤にはアスカがアスカロックでサーシャを捕まえると、止めに入るカイリを蹴散らしたセコンドのベイリーが自身のベルトをリングに投げて介入。さらにサーシャがベルト攻撃を狙うとアスカの毒霧がレフェリーに誤爆してリングは無法地帯と化してしまう。するとすかさずベイリーがベルト攻撃でアスカをKOすると、最後はサーシャがアスカをフォールしたところでレフェリーからシャツを奪い着用したベイリーが3カウント。
 ベイリー&サーシャは「終了のゴングを鳴らせ」と強要しながらロウ女子王座ベルトを奪ってリングを後にすると、アスカは「ベルトはワシのやろ!ワシがチャンピンだ」と主張して疑問の残る結果となった。