7日、東京都・後楽園ホールにてDRAGON GATE『THW GATE OF VICTORY 2020』が開催され、奥田啓介が石田凱士の持つオープン・ザ・ブレイブゲート王座へ挑戦を表明した。

 現在、DRAGON GATEは昨年ウルティモ・ドラゴンが加入したことにより世代間闘争が勃発し、【闘龍門世代】【DRAGON GATE世代】【R・E・D】の三軍を中心とした抗争が展開中。この中でR・E・Dは人間関係の不和に漬け込むなどして仲間を増やしていき、石田凱士、B×Bハルク、KAIがDG世代を裏切って加入。
 そしてR・E・Dの石田凱士は8月から新メンバーとして鬼の仮面を被った謎の“黄鬼”を投入しており、「お前らの中に裏切り者がいる」と宣告されたDG世代の面々は疑心暗鬼に。
 中でも、最近はDG世代内で暴走や衝突が目立っていた奥田啓介は黄鬼の登場時に姿を見せておらず、奥田とは高校時代からの盟友であり“兄弟”と呼び合う仲のBen-Kは黄鬼に対して「お前、奥田啓介だろ?お前俺を裏切ったら許さんぞ」と疑いの目を向けていた。

 この日のメインイベントでは、“DRAGONGATEvsR・E・D”の対抗戦として、YAMATO&Kzy&Ben-K&箕浦康太vsEita&B×Bハルク&石田凱士&KAIの8人タッグマッチが実施。
 試合は序盤からR・E・Dが場外戦などで暴れまわり箕浦を集中攻撃していく展開となるも、中盤からはBen-Kに標的を移し、R・E・Dのセコンドに付いていた黄鬼も攻撃に参加。終盤にはDG世代の連携も冴え渡り、Ben-Kと石田の1vs1の場面を作り出す。
 石田がBen-Kボムをフランケンシュタイナーで切り返して優位を取ると、おもむろに黄鬼がリングに上がりマスクを取る。その正体は予想通り奥田啓介であり、満面の笑みを浮かべた石田はBen-Kを押さえつけて奥田に攻撃を促す。
 しかし、奥田は油断し切った石田の側頭部に左ハイキックを叩き込み、Ben-Kを鼓舞。Ben-Kが石田を押さえ込んで3カウントを奪った。

 試合後、Ben-Kと奥田は握手と抱擁を交わして和解。Kzyも「俺も怪しいと思ってた!すまん!」と謝罪し、その後奥田はDG世代全員と笑顔で握手を交わした。

 奥田はマイクを取ると「オイ石田!俺がR・E・Dなんかに入るわけ無いやろ!俺はこう見えてもな、曲がったことが大嫌いなんだよ!こんなマスク被っとったのはな、お前に大恥かかすためじゃコラ!お前は人相も悪いし言葉遣いも悪いし、お前はチャンピオンに相応しくねーんじゃ。お前の持っとるブレイブのベルト、俺が取ったるから覚悟しとけコラ!」と石田の持つオープン・ザ・ブレイブゲート王座へ挑戦を表明した。

 なお、この日の第5試合で行われた吉田隆司vsドラゴン・ダイヤのシングルマッチでは、R・E・Dがダイヤへの刺客として用意した謎のマスクマン“ダイヤ・インフェルノ”が試合に乱入しダイヤのマスクを剥ぎ取ってしまう事件が勃発。
 奥田の勧誘には失敗したR・E・Dだが、新たな戦力を拡大することに成功しており、今後の抗争の行方からも目が離せない。