23日、東京都・後楽園ホールにて新日本プロレス『Road to POWER STRUGGLE』が開催され、YOSHI-HASHIがDOUKIから勝利してNEVER6人タッグ王座の2度目の防衛に成功した。

 YOSHI-HASHIは今年8月に後藤洋央紀&石井智宏ともにキャリア12年で初の王座であるNEVER6人タッグ王座を戴冠。
 そして今月18日の両国国技館大会ではタイチのアシストを受けたDOUKIがYOSHI-HASHIから3カウントを奪い、タイチ&ザック・セイバーJr.&DOUKIでのNEVER6人タッグ王座への挑戦が決定した。

 DOUKIは18歳で単身メキシコに渡ってデビューし、本人は多くは語らないもののDOUKIを知る選手たちが一様に「泥水をすすって生き延びて来た」と語るほどの苦労を経て約10年間メキシコマットで戦い続け、2019年からは以前より深い交流のあったタイチの属する鈴木軍の一員として新日本マットで活躍。
 現在鈴木軍は、首魁たる鈴木みのるがNEVER無差別級王座を、タイチ&ザック・セイバーJr.がIWGPタッグ王座を、エル・デスペラード&金丸義信がIWGPジュニアタッグを保有している状況であり、自らも王座獲得という形で結果を残すべく気合をみなぎらせていた。

 DOUKIは特にYOSHI-HASHIを意識しており、2015年には「メキシコに行ったばかりの時のクソ餓鬼だった俺に、人生というものを教えてくださったのは間違いなくYOSHI-HASHIさんだ。YOSHI-HASHIさんとお会いしていなかったら、俺の人生は全く違うものになっていただろう。俺の最も尊敬する人間だ」と自身のツイッターで深い感謝の気持ちを述べていた。
 しかし、この日の試合前夜には「YOSHI-HASHIは俺より後にメキシコに来たけど、最初から良い待遇だった。その有り難みも分からずいきなりアレナメヒコにも上がってたな。ずっと隣にいたけど、買うものも食うものも俺とは違ったよ。そんなお前の上にいつか立ってやりたいと思っていた」とYOSHI-HASHIへの愛憎渦巻く感情を語っており、両者が王座をかけて対峙するこの日の試合には注目が集まっていた。

 YOSHI-HASHI&後藤洋央紀&石井智宏vsタイチ&ザック・セイバーJr.&DOUKIの試合が始まると、両軍それぞれYOSHI-HASHIとDOUKIのサポートに徹し、2人も仲間のピンチには積極的にカットに入るという両軍のチーム愛を強く感じさせる試合展開に。
 特にタイチの献身は目を引き、序盤から最後までDOUKIを鼓舞し続け、DOUKIのデイブレイクからイタリアン・ストレッチNo.32の連携をアシストし、DOUKIも大技であるDOUKIボム(場外へのダイビングセントーン)を発射。
 DOUKIはYOSHI-HASHIのカルマを多彩な丸め込みで切り返し、スープレックス・デ・ラ・ルナを決めてバタフライロック改も耐えきって見せるが、YOSHI-HASHI&後藤が新型のGY技(後藤の昇天・改+YOSHI-HASHIのパワーボム)を叩き込むと、最後はYOSHI-HASHIがカルマで突き刺して3カウント。

 勝利したYOSHI-HASHIは「オイお前ら。今日オイ。なにがタコだこの野郎てめぇオイ。今日きっちりオイ。NEVERのベルト防衛したからなオイ。オイ次このIWGPのタッグ、俺が挑戦させてもらうからな。覚悟しとけこの野郎!IWGPタッグのベルトを俺たちがいただくときも一瞬だ!」とタイチ&ザックの持つIWGPタッグ王座へ挑戦を表明し、バックステージでは後藤がパートナーに立候補。
 YOSHI-HASHIは「このベルトを持ったままIWGPタッグのベルトを持って、そして次のベルトも俺がいただくからな!」とさらなる躍進を誓った。

 バックステージに戻ったタイチは「テメェみてぇなCHAOSのお荷物が。たまたまあんな6メン獲ったぐらいでよぉ、次はIWGPタッグに簡単に手が届くと思うなよ。ナメやがって……。笑わせんな!テメェがベルト持ってること自体、お笑いなんだ。最高のお笑いだよ」と吐き捨てる。
 そしてタイチはザックとともにうつ伏せに倒れたままのDOUKIの背中を踏みつけ、「コイツは10年間、メキシコでこうやって生きてきたんだよ。こうやってよぉ、足蹴にされてよぉ。それでも汚ぇ水飲んで、汚ぇメシ食ってきたんだよ。これぐらいでコイツは終わんねぇよ。こうやってされてきたんだよ」とタイチなりのやり方でDOUKIを讃え、CHAOS全滅を宣言して去っていった。