【#プロレス今日は何の日】

1990年11月5日 FMW 駒沢オリンピック公園体育館
ミスター・ポーゴvs大仁田厚!

FMW1周年記念テキサスデスマッチ!ここから先デスマッチを昇華してゆくレジェンズ!

1989年に旗揚げされたFMWは、当初“フロンティア・マーシャルアーツ・レスリング”の名の通り、旗揚げ戦のメインカードは当時のUWFブームを受けてか大仁田厚vs青柳政司の“プロレスvs空手”の異種格闘技戦でありました。
しかし、そのFMWを唯一無二の存在に押し上げたのは、有刺鉄線デスマッチを始めとした過激なハードコア路線。この年の8月に大仁田厚とターザン後藤が行った史上初のノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチは伝説となり、FMWの代名詞的存在になりました。

1周年記念で行われたこの決戦、やる気十分の大仁田がトペで場外へ飛び込んでいけば、ポーゴもイス上に強烈なパイルドライバー!
大仁田もイスを使ったDDOでやり返し、イス使いの共演!

血だらけのポーゴ の頭を掴み、トップロープからフェイスバスター!ダウンするポーゴに頭突き連発でKO!

勝って涙する大仁田!
大仁田がコーナーで座り込むポーゴに握手を求めるも、バチッとはたいて引き上げるポーゴ!これもまたカッコイイ!

「俺はプロレスバカで本当に良かったと思います!」と涙する大仁田!ファンも皆「ありがとう!」と叫んで涙する。帰るまでファンにもみくちゃにされます!

リングを片付ける工藤めぐみも泣いていました!みんな感動を分け合っているこの一体感、やっぱりプロレスはいいなぁと思わされます。

後々の国会議員vs群馬県会議員対決でもあり、その振り幅に驚くばかり。
大仁田は2018年に7度目の引退から復帰しましたが、ポーゴさんは2017年に他界……もうトークliveすら叶わぬ伝説の一戦となりました。

そういえば、アップアップガールズ(仮)の新井愛瞳さんはポーゴさんの姪っ子さんなんですよね。
2014年10月29日に行われた『アップアップDDT(仮)〜アイドルvsプロレス異種対バン戦Vol.2、工場ライブプロレス〜』では、アプガに男色ディーノの魔の手が迫った際に新井さんが「助けて、群馬のおじさーん!」と叫ぶと突如ポーゴさんが登場し、ビッグファイヤーを噴射して姪っ子を救出するという場面もありました。

“極悪大王”と呼ばれながらも、姪っ子のピンチに駆けつけるという優しさも兼ね備えた人柄がポーゴさんの魅力だと思います!

今日もプロレス最高っ!

著者:AJスレンダー
【元祖 #プロレス今日は何の日 since2014 】アメブロで365日分書き溜めております!
https://ameblo.jp/ajslendertokyo
キン肉マン、プロレス、ファミコンで育った少年期から早や数十年、
「ほんとにこれで良かったのかな・・・?」と自分の判断に自信がないと相談されたら
「それは選ばれし者の恍惚と不安だよ!ごちゃごちゃ言わんと迷わず行けよ!行けばわかるさ!」と
新旧格闘王mixでお応えします!

プロレストークライブ企画・制作・券売などお手伝いしております。
↓実績一例
「待っていてくれて本当にありがとう!ファイプロ復活祭!」
「俺達のG1クライマックス!ライガーさんに聞いてみよう!」
「Go for broke!俺たちのマサ斎藤さんを語る夜!」
「燃えろ!俺たちのケロちゃん旅日記!」
「山ちゃんがやっちゃった 燃えろ俺たちのUWF」など
その他、プロレス興行のSNS告知・販促協力もさせていただいております。
お仕事依頼やご相談頂けます際はtwitterからお気軽にDMください。
Twitter:@ajslendertokyo