8日、東京都・後楽園ホールにてプロレスリングNOAH『PREMIUM PRELUDE 2020』が行われ、拳王がGHCナショナル王座を争う清宮海斗を痛烈に批判した。

 NOAHは今月22日に横浜武道館でのビッグマッチで潮崎豪vs中嶋勝彦のGHCヘビー級王座戦、拳王vs清宮海斗のGHCナショナル王座戦の開催を決定。
 この日のメインイベントでは、潮崎豪&清宮海斗vs中嶋勝彦&拳王のダブル前哨戦が行われた。

 試合が始まると、拳王と清宮は息もつかせぬエルボーでの殴り合いを展開し、中嶋は潮崎の泣き所である肩へ容赦のない一点集中攻撃。
 潮崎が肩への大ダメージを負って動けない間、清宮はローンバトルを強いられ苦戦するも、拳王の強烈なミドルキック連打を正面から両手を広げながら受け止めジャンピングニーからジャーマンスープレックスで反撃する意地を見せる。
 復活した潮崎は肩を気にしながらも強烈な逆水平チョップやラリアットで中嶋を追い込んでいき、ゴー・フラッシャーから豪腕ラリアットでの決着を狙う。しかし中嶋はこれをハイキックで撃ち落とすと痛みに転げ回る潮崎の腹を蹴り上げ、パントキックからのヴァーティカルスパイクで3カウント。中嶋はベルトを掲げながら大の字の潮崎を踏みつけて不敵に笑い、ベルトを潮崎の体の上に投げ捨てて去っていく。

 そして、拳王は「オイ!清宮!お前の見せる絶景は汚え金の匂いしかしない大人たちが作る人工的に作られた絶景なんだよ。そんなもん誰も見たくねえんだよ。それとお前、最近女子アナと合コンしたらしいな?王座戦を前に女子アナと合コン?お前ナメるのもいいかげんにしろよ。人を愛する心は人工的に作るものじゃねえんだよ」と、先日テレビ朝日とAbemaの共同制作バラエティー番組『ヒロミ・指原の“恋のお世話始めました”』に出演した際に番組内の合コンで人気女子アナウンサーの弘中綾香と連絡先を交換したことで話題を集めた清宮を糾弾した。