12月31日、さいたまスーパーアリーナにて『Yogibo presents RIZIN.26』が開催。第12試合では皇治と五味隆典が対戦した。

 この試合は紆余曲折ありエキシビジョンから12オンスグローブでの変則のボクシングルールへと変更。皇治は「昔は“火の玉ボーイ”やったかもしれないですけど、今は“金玉ボーイ”だと思うんで。ボーイってのもおかしいんで、“金玉おじさん”だと思って。金玉おじさんがいつも『大晦日は倒さないと』って言ってたんで、俺も金玉おじさんを全力で倒しに行こうと思ってます」と戦前より挑発していた。

 試合開始直後は皇治がなかなか前に出ずに五味が手を広げて挑発する場面もあったが、後半になるにつれてお互い足を止めての打撃戦へ。五味のボディへのストレートが効いていくが、皇治のフックも顔面を捉えるようになり五味もガードを上げていく。
 皇治のガードを貫いてのストレートを五味が放つと、皇治も左右のフックをラッシュし顔面の打ち合いへ。だがお互い仕留めきれずに3R判定へ。

 2−0で五味が勝利するも、今回のお互いのテーマにもなっていたかつて五味が叫んだ「大みそか、判定駄目だよ、KOじゃなきゃ!」を叫ぶことができずマイクを持ちながら苦笑。
 改めて五味は皇治を「根性ありましたね。いい金玉もってる」と評価しつつ
、「ボクシングマッチとかそういったものはチャレンジしたいですけど、メイウェザーとかとやりたいですね!MMAはもう、俺も指導者なんでレスリング、寝技、打撃、もうそれをやる体力はちょっと難しい。今回もボクシングだけなんでトレーニングできましたけど、これにレスリングだったり寝技だったり、とんでもない練習量になるわけですよ。それはちょっと無理ですね。引退はしないけど、自分が燃えるようなオファーがあれば」と今後について語った。

 対する皇治は「ホンマにこれ、冗談抜きにああいう男に近づけるように、選手としてもちろんですけど、男としてもね、ああいう偉大な人に近づけるように俺が頑張らなあかんなって思いました」とリスペクトを残した。