31日、都内・シャトーアメーバにてプロレスリングNOAHが2月12日に行う日本武道館大会『ABEMA presents DESTINATION 2021 〜BACK TO BUDOKAN〜』についての記者会見を実施し、大会開始時間の変更と4試合追加した上で大会を2部制にすることを発表した。

 NOAHは2001年の旗揚げの翌年から定期的に日本武道館で大会を開催してきており、数々の歴史的名勝負が生まれたことから日本武道館はNOAHにとっての“聖地”と呼ばれている。そして今年2月12日にNOAHが2010年12月以来約11年ぶりに聖地へ帰還を果たすことが決まり、大きな注目を集めていた。
 しかし、大会開催発表の後に緊急事態宣言が再発令され、ファンの間では大会開催の可否を心配する声も上がっていた。しかし、この日の会見では大会開始時間を早めて20:00までの大会終了を目指しつつ、2部制を導入し試合数も4試合増やしてファンの満足度も上げていくことを発表した。

 会見に出席した丸藤は「全員出場できるように2部制にしたわけですけども、あくまでダークマッチではなくすべてを僕は本戦だと思ってます」とNOAH所属選手+レギュラー参戦選手が一丸となって臨む覚悟を語り、「本当にこの状況の中で大変なのは我々だけじゃなくて、もちろんファンの皆さん、世界中の皆さんが大変な中で、本当に試行錯誤しながら日本武道館にたどりつくことができます。それに関して本当に皆様に感謝していますし、ぜひともこのコロナというものに一緒に立ち向かって、プロレスを一緒に一緒に盛り上げて、NOAHというものを一緒に盛り上げて、そしてこの武道館という日を境に新しい明るい未来の第一歩として、僕たちと一緒に突き進んでいただけたら嬉しいです。ぜひともよろしくお願いします!」とファンにメッセージを贈った。

 そして、今大会で実施されるタイトルマッチの結果如何ではヘビー級のチャンピオンが皆50代になる可能性があるということについて話が及ぶと、丸藤は「もちろん若い選手がこれから引っ張っていかくちゃいけないという状況では危機感があると思うんですが、いうなればこの感染症の状況で大変な中で50代の人間がこんなに頑張ってるぞという世間に対してのアピールが出来ると思うし、なにより今うちに上がってくれてる50代の選手、例えば武藤さん然り、船木さん然り、所属で言えば杉浦さん然り、そういう人間たちのパワーっていうものは若い人間のパワーを凌駕してるものが十分あると思うので。それだけに関してじゃなくて僕は全てにおいて今回の日本武道館で行われることっていうのはポジティブに捉えていきたいと思ってるので。危機感っていうのもポジティブな危機感で捉えてもらえばいいんじゃないかと思います」と笑顔。全てを前進へのエネルギーに変えていこうという前向きな意識を見せた。

 さらに会見の中では、「武道館という1つの目標としていた通過点にたどり着き、さらに新たな目標に向かって出港する」という意味を込めて2月12日の正午から団体ロゴを変更することを発表。
 旗揚げ21年目に突入し、日本武道館への帰還からさらに勢いを増していくと思われるNOAHのビッグマッチに注目したい。

『ABEMA presents DESTINATION 2021 〜BACK TO BUDOKAN〜』
日程:2021年2月12日(金)
開始:16:30
会場:東京都・日本武道館

【第1部】
▼タッグマッチ
齋藤彰俊/井上雅央(フリー)
vs
稲葉大樹(フリー)/岡田欣也

▼6人タッグマッチ
小峠篤司/宮脇純太/矢野安崇
vs
大原はじめ/YO-HEY/藤村加偉

▼タッグマッチ
モハメドヨネ/谷口周平
vs
望月成晃(DRAGON GATE)/田中将斗(ZERO1)

▼12人タッグマッチ
[杉浦軍]杉浦貴/桜庭和志(フリー)/藤田和之(はぐれIGFインターナショナル)/村上和成(フリー)/ケンドー・カシン(はぐれIGFインターナショナル)/NOSAWA論外(はぐれIGFインターナショナル)
vs
[金剛]中嶋勝彦/マサ北宮/征矢学/覇王/仁王/タダスケ

【第2部】
▼GHCジュニアヘビー級タッグ選手権
【王者組/STINGER】小川良成/HAYATA
vs
【挑戦者組】鈴木鼓太郎(フリー)/日高郁人(ショーンキャプチャー)
※王者組は3度目の防衛戦

▼GHCジュニアヘビー級選手権
【王者/桃の青春】原田大輔
vs
【挑戦者/FULL THROTTLE】吉岡世起
※王者・原田は3度目の防衛戦

▼タッグマッチ NOAH GENERATION
丸藤正道/秋山準(フリー)
vs
清宮海斗/稲村愛輝

▼セミファイナル GHCナショナル選手権
【王者/金剛】拳王
vs
【挑戦者/M’s alliance】船木誠勝(フリー)
※王者・拳王は5度目の防衛戦

▼メインイベント GHCヘビー級選手権
【王者】潮崎豪
vs
【挑戦者/M’s alliance】武藤敬司(フリー)
※王者・潮崎は7度目の防衛戦