14日、都内某所にて東京女子プロレスが記者会見を行い、SKE48のメンバーでありアイアンマンヘビーメタル級王者であった荒井優希のプロレス本格参戦が発表された。

 AKB48グループのメンバーたちが多数出演した2017年放送のドラマ『豆腐プロレス』にて、荒井は“バブリー荒井”の名で出演しプロレスと縁を持った。
 アイアンマンヘビーメタル級王座は24時間いつでもどこでも王座が移動する特異なベルトであり、かつてはレイ・ミステリオ、スコット・ホール、マット・ストライカー、トミー・ドリーマー、リコシェ、ヤングバックス、Xパックなど錚々たる選手たちからカレーや脚立や割り箸など様々な無生物が王座を戴冠してきたベルト。

 2018年7月にSKE48の須田亜香里(オクトパス須田/白金ジム)が元DDT絶対王者の竹下幸之介にオクトパスホールドを仕掛けて同王座を奪取すると、同年10月には油断していた須田を松村香織(クイウチ松村/工事現場同盟)が襲撃しクイウチチョップを叩き込んで王座を奪取。そして同月10日に松村に荒井優希(バブリー荒井/しゃちほこ連合)がバブリーカカト落としを叩き込みアイアンマン王座を奪い、DDT後楽園ホール大会での王座戦に進出。
 2018年10月27日に行われた女子バトルロイヤルでのアイアンマン王座戦では、王者・荒井がなみいる強豪の攻撃をかいくぐり、福岡県のローカルアイドルグループ・LinQの元メンバーである東京女子プロレスの伊藤麻希との一騎打ちに持ち込むものの敗北。王座から陥落し、伊藤を相手にアイドル下剋上を許してしまった過去がある。

 この日の会見に出席した荒井は、「前回DDTさんの試合に出させていただいたときに、ファンの皆様、見に来てくださっている方の優しさをすごく感じたのも今回すごく決め手となりましたし、普段からアイドルとしての私を応援してくださっているファンの皆様もすごい優しい方ばかりなので、私が決めたことなら付いてきてくれるんじゃないかなって、皆さんを信じる気持ちもすごくありましたので、今回はあまり迷うことなく即決で決めさせていただきました」とプロレスデビューへの想いを語る。

 そして、「アイドルとして色んなステージに立たせてもらってるんですけど、もう8年、9年やってて、壁にぶち当たることがほとんど無くなってしまって。覚えることに苦戦したりとか、それくらいはあるんですけど、今回プロレスの練習を始めてみて、出来ないことが本当に多くて、練習も全然足りないって思って家でたくさん練習したりとか、そういう感覚が本当に久しぶりでした。アイドルでやってるときは色んなメンバーがいるので、私だけを見てもらえる時間っていうのは本当に少ないと思うので、リングに立つときはみんなが見てるっていう、すごいSKEでは体験できないことが体験できるので、どっちも好きなんですけど、プロレスのリングではよりみんなに見られてるっていう自覚を持ってやっていきたいなって思います」と意気込みを語った。

 また、荒井はSKE48の先輩であり、『豆腐プロレス』ではハリウッド珠理奈として出演した松井珠理奈から応援の電話が来たことや、「デビュー戦を観戦に行く」という励ましの言葉をもらったこと、そして大好きな選手であるという新日本プロレスの矢野通のような試合だけではなくマイクパフォーマンス等でも魅せられる選手になっていきたいという目標を述べた。

 荒井のデビュー戦は、東京女子プロレスが5月4日に後楽園ホールで行う『YES!WONDERLAND 2021〜僕らはまだ夢の途中〜』にて実施されることが決定。対戦相手や試合形式については未定だが、入場曲やコスチュームの準備は進められていることが明かされた。
 目まぐるしくただリニュアルされていく世界で何年ぶりかにプロレスというあの頃のロッカーを開けた荒井のリング上の活躍に期待が集まる。