6月6日、さいたまスーパーアリーナで『CyberFight Festival 2021(以下サイバーファイトフェス)』が開催。トリプルメインイベントの最終試合として、GHCヘビー級選手権が行われた。

 サイバーファイトフェスはサイバーエージェントグループのCyberFight社が運営するプロレスリングNOAH、DDTプロレスリング、東京女子プロレス、ガンバレ☆プロレスの4団体に出場する選手を中心に、全15試合、総勢89選手が参加した大型プロレスイベント。
 その最終試合として選ばれたのは、今年2月のNOHA日本武道館大会でIWGP・三冠ヘビー級・GHCのグランドスラムを達成した王者・武藤敬司と丸藤正道によるタイトルマッチ。

 試合はじっくりとした立ち上がりから丸藤が腕攻めへ。武藤はソバットからフラッシングエルボーで流れを掴みSTFで捕らえ、ドラゴンスクリューからシャイニング・ウィザードを叩き込むも丸藤がすぐさま虎王を叩き込み両者ダウン。
 立ち上がった武藤は三沢に捧げるエメラルドフロウジョンを叩き込み、膝の人工関節手術を受けて不可能とされていたムーンサルトを投下しフォールも丸藤は2.9でこれを返す。
 力を出し切って動けなくなった武藤へ、丸藤は虎王、リストクラッチ式虎王、真・虎王、虎王・零とフルコースを叩き込み3カウントを奪った。

 約2年ぶりのムーンサルトを解禁したにもかかわらず敗北した武藤は、インタビュールームに姿を表さずにすぐに会場を後に。
 丸藤は「8割9割押されてたと思うんですけど、もうお互いシンプルな技しか無い中で隙を作らないようにしてる中で1つの分岐点は、あの人が勝機を見出してのムーンサルト。あれがなかったら負けてたと思います。何年ぶりですか?俺がGHC取るのは。そして新しいベルトになってからははじめましてなんで、これからしっかり愛着沸かせて付き合っていきたいと思います。この素晴らしい大会のメインイベントで武藤敬司に勝って取ったんで、次に誰が来るかわからないですけど、コロっと負けないように諦めないこと。それでこれをしっかり防衛して、やっとNOAHで出来た『丸藤正道ここにあり』ってのを見せられるんじゃないかな」と笑顔。
 そしてグループ4団体で集まった本大会に関して「今日は素晴らしい選手ばっかりだったんで、非常に刺激受けましたし、うちの若い選手もうかうかしてられないと思ったんで、また切磋琢磨してみんなが集まったときに必ず俺たちが、サイバーグループがこの業界のナンバーワンを取れると俺は確信しました」とコメントした。

 今後NOAHは三沢光晴さんの命日である6月13日にABEMAにて無観客大会を無料生放送予定。6月30日に有観客にて後楽園ホール大会を予定している。