CyberFightが6月7日、東京・渋谷区のAbemaTowersで「CyberFight Festival 2021」(6日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の一夜明け会見を開き、HARASHIMAを下して、KO-D無差別級王座3度目の防衛に成功した秋山準の次期防衛戦が8月21日、神奈川・富士通スタジアム川崎(旧川崎球場跡地)での「WRESTLE PETER PAN 2021」で行われることが決まった。

 秋山は「緊急事態宣言が延長されて、大会そのものがどうなるものかと一時は思いましたけど、たくさんのファンの方に来ていただいて、本当に感謝しております。そして、『WRESTLE UNIVERSE』をご覧いただいた皆さん、本当にありがとうございます。HARASHIMA選手、彼のプライド、歴史、すべて指先から全部感じ取れました。僕の方が先輩ではあるんですけど、すごくリスペクトのできる選手。そういう選手とこういう記念する大会でタイトル戦をできたことをうれしく思ってます。また勝つことができてよかったなと思います」とコメント。

 前夜の決戦後には、DDT最強決定トーナメント「KING OF DDT」(6月10日、東京・新宿FACEで開幕)を制した上で、次期挑戦者に高木三四郎を指名したが、「『KING OF DDT』で優勝すれば、僕に挑戦者を選ぶ権利があると思うので。(次は)8月と決まってるので。昨日見たなかでは、若手では小嶋(斗偉)君が、ベテランでは高木社長が一番体を張って素晴らしかったと思うので、そうしたいと思ってます」と話し、その心境に変化はなし。

 サイバーファイトフェスでの入場時にはハンマーを持って現れ、大会終了後にはヨシヒコをおんぶするなど、DDT色を出していたが、「DDTのチャンピオンなので。対抗戦で、みんないろんなコスチュームで出てきたとき、壮観だなって思って。俺もちょっとハンマー貸してよって。(ヨシヒコは)岡田(佑介)が何か持って行けみたいな空気を出していたんで。“似てるじゃないですか”みたいな空気感があったので。じゃあおんぶしていこうかなと」と説明。

 ヘッドコーチとしての大会総括を求められると、「DDTの選手はみんな頑張ってたと思うし個性的。それぞれのカラーをよく出していたと思う。小嶋選手がよかったのは、彼はケガしてね。たぶん休みになると思うけど。負けはしましたけど、見てる方はケガしてると思ってなかったと思うんです。あのキャリアなのに最後までしっかり試合を務めたということで素晴らしい」と語った。

 竹下幸之介&上野勇希(DDT)VS清宮海斗&稲村愛輝(ノア)の対抗戦については、「ちょうど竹下、上野が上り調子で、清宮君がちょっとダウンしてる感じのところで当たって。結果もそのようになったと思うんです。清宮君に言いたいのは、自分で悩むのをいろいろ媒体に出したり、自分で書いたりすると、本当にどんどん自分を追い込んでいくと思うから。“プロレスが分からない”と書いてたけど、僕もいまだに分かりません。だからずっと100点なんてないと思うんです。100点を求めて、これからもずっとやっていくと思うんです。答なんてないから、とにかく目の前の試合をしっかりやって、また竹下、上野とやる機会があったら、またいい試合を見せてほしいなと。竹下と上野はこのまま突っ走ってもらいたい」とアドバイスを送っていた。

 なお、8・21川崎大会に大仁田厚が参戦し、電流爆破デスマッチを行うことが決定。当日は電流爆破用のリングを別に設置し、ダブルリング体制で試合を実施する。