DDTプロレスが6月8日、東京・千代田区の神田明神内で記者会見を開き、DDT最強決定トーナメント「KING OF DDT 2021」に向け、各選手が気炎を上げ、優勝候補の一角である竹下幸之介、遠藤哲哉が高らかに優勝を宣言した。

 同トーナメントには16選手が参加し、6月10日の東京・新宿FACEで1回戦、同20日の東京・後楽園ホールで2回戦、7月4日の後楽園で準決勝、決勝を行う。2回戦終了後に準決勝の組み合わせを抽選で決する。

 その16選手のなかで、「CyberFight Festival 2021」(6日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)で上野勇希と組んで、清宮海斗&稲村愛輝(プロレスリング・ノア)との全面対抗戦を制した竹下と、前KO-D無差別級王者の遠藤が力強く優勝を口にした。

 1回戦で、解散したオールアウトの元同志・彰人と対戦する竹下は「4月のAEW参戦から、ずっと自分の強さにこだわってきて、それを示すチャンスが続いていて。5月はタッグリーグ戦、6月はサイバーフェス、7月は『KING OF DDT』決勝、8月は『WRESTLE PETER PAN』。自分が思い描く竹下幸之介の本当の意味で最強になる道筋が見えたなと。秋山準は高木(三四郎)さんを指名したけど、僕がそうはさせない。秋山準からベルトを獲り返すのは僕しかあかん。しっかり優勝したい」と話し、トーナメント制覇を果たした上で、8・21富士通スタジアム川崎でKO-D無差別級王座を奪取する青写真を描いていた。

 さらに、サイバーフェスでのノアとの対抗戦を振り返った竹下は「サイバーフェスで僕が得たものはない。今まで培ってきたものをぶつけた。KO-D無差別の最多防衛記録をつくったのは3、4年前。とにかくDDTの強さになりたいと言ってきた集大成として、それを見せつけることしか考えてなかった。あの日で、DDTのフィジカルだけではない、奥深い強さが見えたと思うので。まだ眠っているプラスアルファの強さもあると思うので、1回戦、2回戦、準決勝、決勝と何かを一つずつつかんで勝ち上がっていくつもりです」とコメントした。

 前年の覇者で、2月14日のカルッツかわさき大会で秋山に敗れるまで、KO-D無差別級王座に君臨していた遠藤は「サイバーフェスで自分が感じたことは、遠藤哲哉にはKO-D無差別のベルトが必要だということ。去年の6月7日(無観客配信マッチ)、田中将斗から無差別のベルトを獲って、『KIG OF DDT』トーナメントを制して、『プロレス大賞』の技能賞を獲って、2020年は遠藤哲哉の年だった。2月に秋山準にベルトを獲られてしまって。その秋山準に挑戦するために、『KING OF DDT』で優勝して、遠藤哲哉の強さを証明する必要がある。下半期で大逆転したい。秋山準に負けたときから、『獲り返すのは自分だ』と思ってたけど、サイバーフェスでほかの団体の試合もすべて見て、そういう気持ちがより一層強くなった」と話した。

 その遠藤は1回戦でクリス・ブルックスと激突するが、「何回も当たって、シングルもたぶん2回。まだ彼から3カウント、ギブアップを取られたことはない。負けたことないんで、確実に勝ちを取りにいきたい」と力を込めた。

 また、KO-D無差別級王者の秋山はサイバーフェスでのHARASHIMAとの防衛戦後、「KING OF DDT」を制した上で、高木を次期挑戦者に指名したい意向を表明。1回戦では、「Ultimate Tag League 2021」での公式戦(5・27新宿)で丸め込みからピンフォールを奪われてしまった勝俣瞬馬との1回戦での対戦を要望した。

 その希望が通った秋山は「彼にはタッグリーグ戦で不覚にもやられているので、ギッタンギッタンにやって借りを返して、館山のシーサウナシャックに帰してやるよ。まぐれは何回も続かない。(以前は勝俣を評価していたが?)うまいとこもあると思いますよ。でも最近はサウナばっかり。ツイート見ても、サウナのことしか書いてない。『KING OF DDT』が始まるのにサウナしかねぇのか!」と雪辱を期していた。

 以下、その他の選手のコメント

▼トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
HARASHIMA
vs
大石真翔

大石
「僕の作戦は言っちゃいます。フジヤマ・ニーロック一本で。参ったを言わせたい。プロレスラーになって、HARASHIMAさんは1回か2回しか参ったと言ってないと思うので。坂口(征夫)さんからも参ったと言わせた技で、参ったを言わせたら優勝が見えてくる」

HARASHIMA
「何度も闘っていて、ほぼ僕が勝っている。誰からも勝てる技を持ってるのは分かってるので、食らってもやり返して勝ちたい。一つずつ勝ちを積み重ねて、勝ち上がっていけば、秋山選手とシングルでできるチャンスも来ると思う。そのチャンスを自分の手でつかみたい」

▼トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
火野裕士
vs
坂口征夫

火野(所用で欠席のため代読)
「あの鋭い顔に鋭い打撃。プロレスが強いとか弱いとか別にして、怒らせたら一番危ないオーラが出てる。怒らせたら怖い者同士のある意味決勝戦みたいなもの」

坂口
「1回戦から刺激的なカードだなと。2015年のトーナメントで優勝して、KO-Dのシングル巻いて。その後、ユニットで結果出したかもしれないけど、シングルで結果残してない。いつまで5年前の貯金で食ってるのかって感じていたところもあるので。何かを変えなきゃいけない。1回戦でこの相手と闘って、自分が求めてる答が出せるのかなと。ここを倒せば、自ずと上が見えてくる。古く言えば、佐藤(光留)選手とタッグチャンピオンになって、防衛戦で火野組とやって。そこからモンスターアーミーとやって。この前、久々にタッグリーグで当たって。相変わらず、強烈な人で、もっと強くなったかもしれない。俺がもっと強くなったというのを出せたらと思う」

▼トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
MAO
vs
高尾蒼馬

高尾
「(チューハイの缶を開けて)強いんだか弱いんだかよく分からないけど、1回戦勝って。優勝賞金は100万円? せっかくだから大好きな缶チューハイでシャンパンタワーを作って、皆さんの前でやりたいと思います」

MAO
「サウナカミーナで自分以外みんな結果を出してるんで。私だけ何もない。このままだとサウナカミーナ最弱が勝俣瞬馬から私になってしまう。ここで結果を出して、自分のための夏にしたい」

▼トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
彰人
vs
竹下幸之介

彰人
「目指すところは優勝。僕は準決勝以上の景色を見たことがない。竹下とは『D王』でシングルを1回やってますけど、オールアウトが解散して彼が何を学んで、どう成長したか、しっかりこの身で感じたい」

▼トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
上野勇希
vs
佐々木大輔

佐々木
「1回戦の対戦相手は上野勇希さん。サイバーフェスでノアの清宮選手から勝利している。私は勝ち目がありません。あきらめました。年末に始まるであろう『D王』目指して調整していきます」

上野
「サイバーフェスの対抗戦では、DDTの強さ、よさをアピールしようと思ってました。トーナメントにおいては、一レスラーで、UNIVERSALのチャンピオンとして注目される部分もあると思う。チャンピオンとして負けられない。自分をアピールするチャンスだと思うので、一つずつ勝ち上がってチャンスをつかみ取りたい」

▼トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
勝俣瞬馬
vs
秋山準

勝俣
「秋山選手から指名をいただいて、すごく光栄だと思います。タッグリーグで3カウントを取らせてもらって、恥ずかしい思いをしたと思いますが、僕は今すごくコンディションがいいので、勝てるという気持ちもあります。タッグリーグで優勝したり、EXTREMEのベルトを獲ったりしたので自信しかない。その勢いをぶつけるだけです」

▼トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
樋口和貞
vs
吉村直巳

吉村
「1回戦が樋口さん、僕のなかで思い入れが引っかかるものがある。DNAのときから、ヘビーでずっとてっぺんで走ってた選手。勝ってトーナメントの先に進む。生半可の気持ちでは突破できない」

樋口
「シングルのトーナメント、リーグ戦、タイトル戦は一歩届かなかった。去年は準決勝で敗退。毎年思ってますけど、頂点に立てるように。吉村なりに背負ってるものがあるだろうけど、僕も僕なりに背負ってるものがある」

▼トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
遠藤哲哉
vs
クリス・ブルックス

クリス
「2019年の『D王』で対戦して、時間切れ引き分けになった。ちょっとだけ(彼から)リスペクトを勝ち得たかもしれない。DDTで一番仲良くなっていない選手かもしれない。頑張って勝って、何かしら僕に対する感情を芽生えさせることができたらいい」