1日、東京都・東京ドームシティホールにて『GLEAT Ver.1』が行われ、田村潔司が令和の新日本vsUWF対抗戦に勝利したSHOを絶賛した。

 『GLEAT』とは、2019年にプロレスリングNOAHの親会社としての役割を果たしたリデットエンターテインメントが旗揚げした新団体。
 リデットが「NOAHの中に“強さ”を強調したいと考えたときに田村潔司が出てきた」ということでNOAH時代から田村との交流が始まり、2020年にリデットがNOAHから離れたことをきっかけに田村との新団体設立に向けて始動。ついにこの日に本旗揚げを迎えた。

 昨年10月15日に後楽園ホールで行われたプレ旗揚げ戦の時点では、所属選手が元WRESTLE-1の伊藤貴則、同じくWRESTLE-1で皇壮馬やペガソ・イルミナルの名で活躍した渡辺壮馬のみとなっていたが、プレ旗揚げ戦で松井大二郎の入団が発表され、HEAT-UPから飯塚優が円満移籍、フリーとして全国を飛び回っていた田中稔が入団、#STRONGHEARTSのCIMA、T-Hawk、エル・リンダマン、鬼塚一聖の入団、さらには河上隆一が大日本プロレスから金銭トレードで移籍するなど旗揚げまでの約8ヶ月間で続々と戦力を拡大。
 純プロレスを追究する“G PROWRESTLING”と、令和の時代に新たなUWFを創るための“LIDET UWF”の2部門を設立するに至り、両部門に出場する選手も存在する。

 選手陣だけではなくフロントにはED(最高経営責任者)に田村潔司、CTO(最高技術責任者)にカズ・ハヤシ、CSO(最高戦略責任者)にCIMA、UWFルールテクニカルオフィサーに田中稔、オブザーバーに長州力が就任するなど隙のない豪華な布陣で旗揚げ戦を迎えた。

 この日は後半戦でUWFルールの試合が4試合実施され、メインイベントでは、GLEATの“大将”を自認する伊藤貴則と新日本プロレスのSHOが対戦。
 序盤は体格に勝る伊藤が掌底や空手仕込みの重い蹴りで攻め込み、SHOはこれを引き込んでグラウンドでの腕十字やアームロックなどを軸に応戦して続けて2ポイント奪う。
しかし伊藤がSHOの低空タックルにヒザを合わせてクリーンヒットさせると、スパインバスターからの逆エビ固めでエスケープを奪い1点、三角絞めを持ち上げてのパワーボムからジャーマン・スープレックスでダウンを奪い1点、ローとミドルのコンビネーションからハイキックでダウンを奪い1点と立て続けにポイントを奪い、ついに逆転。
 終盤には互いに足を止めてバチバチと顔面を掌底で打ち合っていき、SHOがラリアットからジャーマン・スープレックス。さらにジャーマン式腕十字から三角絞め。伊藤がバスターしようとするも、途中でガクリと力を失って膝を折ると、レフェリーが慌てて試合を止めた。

 試合後、SHOは「俺がやることはただ1つ。相手が新日本の選手だろうが、こうして他団体の選手だろうが、俺は反対コーナーに立つ相手をどんなルールだろうが、どんな体重してようが、何人(なにじん)だろうが関係ねえ。倒すだけだ。俺のやることはそれだけだ。ただそれをやっただけだ」とUWFルールでの試合の感想を語る。
 そして、「このGLEATに参戦させていただいて、何年経っても俺のレスラーキャリアで『あのとき、2021年にGLEATに参戦してよかった』って何度も何度も、この先何度も何度も思い返すと思います。それくらいの闘い、それくらいの気持ちで臨みました。いつ、なんどき、どんなルールだって闘う準備は出来てる。その覚悟で新日本のリングに上ってるんで。それだけです」とリスペクトの気持ちも口にした。

 大会を総括した田村潔司は、SHOについて「単身乗り込んで、ちょっと、伊藤が負けちゃったんでなにも言うことはない。新日本の圧勝。伊藤が勝ってたら『新日本あんなもんか』と一言言いたかったんですけど、そういう結果も見られなかったので。いい選手。気迫が出てて。まあ新日本をあんまりまだ認めたくはないけど、ああいう選手もいるんだなと」と絶賛し、SHOのUWFルール適性について「いや、かなりありますね。全然あります」と太鼓判。

 そして、今後も“UWFvs新日本”の対抗戦をやっていきたいかを問われると「あ、いや、無いです無いです無いです。それは無いです」と食い気味に否定しつつ、「僕自身の発想ですけど、よそを気にしてもしょうがないので。と言いつつも、『新日本の選手がなぜ出たんだ』という、そこの矛盾はありますけど、僕の気持ちというか考え方は、よそじゃなくて自分のとこの選手、GLEATの選手をいかに世に出して好きになってもらうか、好きにさせるかだと思うので。まあその中で新日本さんの選手とかにスポットで参戦していただたりとかっていうのはあると思いますけど。もうジャンルが違うと僕は思ってるので。新日本さんは新日本さん、GLEATはGLEATで頑張っていければって。お互いその中で、部分部分で協力し合うことがあれば。プロレス界を盛り上げていければ。反発するところは反発する、協力するところは協力するでいいんじゃないかなと僕は思いますね」と持論を語った。