DDTプロレスが9月18日、神奈川・横浜ラジアントホールで「Who's Gonna TOP? 2021 TOUR in YOKOHAMA」を開催。同26日の東京・後楽園ホールで竹下幸之介が保持するK0-D無差別級王座に挑戦するクリス・ブルックスが王座獲りを猛アピールした。

 この日のメインイベントでクリスはHARASHIMAと組み、竹下、中村圭吾組と対戦。クリスと竹下が先発し、序盤はレスリングの攻防。スタンドになると、竹下がラリアット、ブレーンバスターを繰り出してPlus Ultraを決めるもカットされた。10分過ぎ、クリスは竹下の腕にダブルニー、オクトパス・ストレッチで逆襲。竹下も強引にジャーマンで投げ捨てるなど応戦。その後、HARASHIMAと中村が強烈なミドルキックの応酬に。打ち勝ったHARASHIMAはハイキックから蒼魔刀をたたき込んで中村から3カウントを奪った。

 竹下組から勝利を挙げたクリスは「タケちゃん、今日はサウナカミーナじゃない。私が勝ったでしょ。9月26日、後楽園、KO-D無差別級もタケシタ・オンリー。サウナカミーナじゃない。私、もう1度勝つよ」と日本語で王座奪取を誓った。

 バックステージでクリスは「タケシタはグラウンド卍固め、エスケープできなかった。イメージではチョップ、グラウンド卍は無理だった。でも大丈夫。今日で自信がついた。後楽園が楽しみ」と王座戦に向け自信を深めた様子。

 竹下は「中村がパートナーで、あの2人に勝てたら僕の勢いはホンモノだと思うし。中村にとってもチャンスだと思うので。いろいろ作戦も練って行ったんですけど。そう簡単に崩せる相手でもなく。クリスから腕責めも食って、むしろ相手に収穫を与えてしまう1日でしたね」と冷静に分析。さらに、「次、札幌(サッポロ・イーワン・スタジアム)の2日目(23日)、クリスと最後の前哨戦があるので。次の竹下VSクリス、凄い試合になるなってところを見せたいと思います」と9・23札幌での最後の前哨戦に気持ちを切り替えていた。

 また、10月12日の後楽園で、吉村直巳とのコンビで、KO-Dタッグ王座(王者=竹下、勝俣瞬馬)に挑戦するHARASHIMAも前哨戦となったが、「竹下には手応えは感じてきているので。僕は10月の後楽園が待ち遠しいですね」とコメントした。