9月26日の東京・後楽園ホールで挑戦者クリス・ブルックスを激闘の末に破り、KO-D無差別級王座の初Vに成功したDDTプロレスの竹下幸之介が同27日、東京・千代田区の神田明神内で一夜明け会見を行った。

 竹下は「クリスはベストフレンドの1人で、ふだんからプロレスの話をかわし合ってる間柄。クリスも英国から覚悟をもって来て、DDTを選んでくれて。それをほかのレスラーより知ってる分、特別な感情がありましたし、チャンピオンとして負けられない以上、後楽園の地で結果を残したいと臨みました。壮絶なハードな試合になりましたけど、どうにかこうして元気にこの場に来れたことを誇りに思います」とクリス戦を振り返った。

 さしあたって、竹下は勝俣瞬馬とのコンビで保持するKO-Dタッグ王座の防衛戦(挑戦者はHARASHIMA、吉村直巳)を10月12日の後楽園で控えているが、「無差別は個人の闘いであり、タッグは勝俣との2人での闘いなんで。モチベーションも違うし。シングルでも可能性を追求したいし、明るい未来を見て行きたい。タッグでも未来を見て行きたい」と語った。

DDT最強決定リーグ戦「D王 GRAND PRIX 2021 Ⅱ」の開幕戦(11月3日、東京・大田区総合体育館)では岡林裕二(大日本プロレス)との公式戦(Bブロック)が決まったが、「岡林選手が今年のD王、1戦目の対戦相手になりますが、リーグ戦で1戦目は大事。もちろんいいスタートを切りたいし。今DDTのトップ、チャンピオンとして大日本の岡林選手と闘うということで、普通のシングルとは重みが違うなと思います。DDTの代表として、岡林選手を迎え撃ちたい。最近ではKO-Dタッグ王座をHARASHIMA、岡林組から獲ったんで、岡林選手とはマッチアップしてるんですけど。バーベルを上げる重さは確実に岡林選手が上だと思うんですけど、人をつかんでぶん投げる力、人を殴ってぶった斬る力は僕も負けてないと思うんで。シングルは初めてなんで非常に楽しみにしてます」とコメント。

「岡林選手にシングルで勝つイメージはできているか?」との問いには、「岡林選手に限らず。シングルマッチをやるとなって、研究を重ねて挑むタイプで。さすがに11月の試合まではまだ考えてないんですけど、勝つイメージができるというか、負けるイメージは一切沸かないという感じです」と話した。

 ちょうど1年前の昨年11月3日、大田区で竹下は秋山準とのシングル初対決で敗れ、悔しい思いをしているが、「確かに去年の11・3、忘れもしない。ある意味、僕のプロレスキャリアのなかで、忘れられない一戦だった。あの日からたくさん思い悩んで、今の成長につながった部分がある。毎年、11月3日に悔しい思いをしても仕方ないんで。次は笑って大会を締められるようにして。『今年のD王は竹下だ!』って思ってもらえるよう勝ちたいと思います」と岡林戦での勝利を誓った。

 クリス戦の後には「D王」優勝宣言も飛び出したが、「タイトルマッチにかける思いは特別なものがあるんですけど。チャンピオンとしてシングルのリーグ戦に出る以上、気持ちとしては全試合タイトルマッチのつもりで闘いたいと思います。高い水準でプロレスしたいと思いますし、ベルトが懸かってるつもりで。絶対負けられない。1敗もできない」と無差別級王者としての責任感を垣間見せた。

 なお、11・3大田区では竹下VS岡林のほか、Aブロックの秋山準VS上野勇希、遠藤哲哉VS火野裕士、BブロックのHARASHIMA VS樋口和貞の公式戦4試合が行われる。