DDTプロレスが11月10日、東京・新宿FACEで「D王 GRAND PRIX 2021 Ⅱ in Shinjuku」を開催。高尾蒼馬がDDT UNIVERSAL王者・佐々木大輔に挑戦の名乗りを挙げ、12月5日、東京・後楽園ホールでの王座戦が決まった。

 この日の第2試合で佐々木はMJポーと組み、若手の小嶋斗偉、石田有輝組と対戦。ダムネーションT.Aは新鋭コンビを翻ろうし、最後はポーがデスバレーボムを決めて石田から3カウントを奪い快勝した。

 マイクを持った佐々木は「UNIVERSALのベルト、挑戦者が誰も名乗りを挙げねぇよ。だから今日俺が挑戦者を決める。オイ、石田! 次の挑戦者はオマエだ」とよもやの指名。さすがに今林久弥GMは「石田選手はデビューして1ヵ月も経ってない新人じゃないですか。認められません」と却下した。

 引き揚げようとする佐々木を高尾が襲撃し、リングに上げるとランニング・エルボーバットを一閃。高尾は「話したいことがあるから来た。俺を裏切り、よくも恥かかせてくれたな。俺とシングルやれ。挑戦者がいない? ここにやるべき相手がいるだろ。俺に恥かかせたように、オマエからベルトを獲って、オマエのすべてをなくし、オマエにも恥かかせてやる」と挑戦表明。

 佐々木は「また来やがったな。俺はテメエには興味ない。でも1回だけ、遊んでやる。石田の前にテメエと遊んでやる」と受諾。これを受けて、今林GMは12・5後楽園でタイトル戦を組むことを決定した。

 バックステージで佐々木は「なんでまた、ガンプロの高尾蒼馬がここに来てんだ。アイツとはこの間で終わらせたはずだろ。いいよ、1回だけ遊んでやる。アイツと俺じゃ実力が違うんだ。あんなヤツと遊んでる暇はない。俺は石田と、このベルトを懸けてやるために今日ここに来たんだ。まあいいよ。アイツ、俺に恥かかせるって言ったな。アイツは実力を世にさらして自分が恥かくだけだ」とぶ然とした表情でコメント。

 高尾は「最初に裏切ったのはアイツだろ。俺からやったことじゃねぇ。アイツに似合わないベルト、俺が獲って、アイツに恥かかせてやる。アイツのすべてを奪ってやる。俺の目的はアイツを潰すこと。アイツに似合わないあのベルトほしいから、俺が獲ってやる」と話した。