15日、東京都・後楽園ホールにて新日本プロレス『WORLD TAG LEAGUE 2021 & BEST OF THE SUPER Jr.28』が開催され、SHOが前年度覇者の高橋ヒロムを制してBOSJ開幕2連勝を決めた。

 今シリーズは、ヘビー級を中心としたタッグリーグである『WORLD TAG LEAGUE 2021』と、ジュニアヘビー級のシングルリーグ戦である『BEST OF THE SUPER Jr.28』が交互に開催される豪華なシリーズ。
 この日は『BEST OF THE SUPER Jr.28』の公式戦として6試合が実施。第6試合ではSHOと高橋ヒロムが対戦した。

 SHOは、BOSJ初戦でEVIL率いる“HOUSE OF TORTURE”の反則三昧のアシストを受けてのものではあるが現IWGPジュニアヘビー級王者のエル・デスペラードから勝利しており、数字以上の大きな価値を持つ勝ち点2を獲得した。
 他方、ヒロムはそんなSHOに対し「CHAOSの金魚のフンだったSHOがCHAOSを裏切ったとき『この先ジュニアが変わるかもしれない』ってワクワクしたよ。その結果がお前、今度はEVILのフンになっただけなのか?金魚探しのセンスもねーな」と苛立ちを顕にしており、荒れ模様が予想される両者の対戦には注目が集まっていた。

 両者は昨年のBOSJでも対戦しており、その際にはSHOがバチバチの真っ向勝負を制してヒロムから勝利している。ゴングが鳴るとヒロムは「来いよ。バチバチやんの好きだろ?」とかつての闘いを思い起こさせる言葉をかけるもSHOは無視。
 この態度に怒り見せたヒロムはSHOを蹴り出してサンセットフリップ・パワーボムを狙うが、これをフィンガーロックで外して腕十字で切り返したSHOは確かな格闘技の技術と反則攻撃の合わせ技でヒロムの腕を徹底的に破壊していく。
 ヒロムはSHOの攻撃を切り返す形でエプロンでのデスバレーボムやカサドーラ・コンプリートショットを見舞って反撃していき、コーナーデスバレーボム、ラリアット、ビクトリー・ロイヤルと必勝コンボからTIME BOMB IIを狙うがSHOが着地し、レフェリーにヒロムをぶつけて昏倒させた上でヒロムに急所打ち。
 ここでHOUSE OF TORTUREの面々がリングに上ってくるという前回と全く同じ展開となると、会場が一気に静まり返る中でディック東郷がヒロムの首をスポイラーズチョーカーで絞め上げ高橋裕二郎がステッキで殴打。さらにEVILがEVILで叩きつけ、SHOが意識を失ったヒロムをスネークバイトで絞め上げるとレフェリーが試合を止めた。

 放送席で解説を務めていた鷹木信悟がこの暴挙にブチ切れてリングに上がるとHOUSE OF TORTUREの面々は一目散に退場。
 鷹木に介抱されて退場していくヒロムの背中を見送りながら、解説のミラノコレクションA.T.は「スーパージュニアを壊さないでくれ……」と悲痛な声で嘆いた。