20日、東京都・後楽園ホールにて新日本プロレス『LECクリンぱっ!Presents 新春黄金シリーズ』が開催され、後藤洋央紀&YOSHI-HASHIのタッグチーム名が“毘沙門”に決まった。

 後藤洋央紀&YOSHI-HASHIは石井智宏とともに2020年8月にNEVER6人タッグ王座を戴冠し、最多連続防衛記録となる9度の防衛を果たすなど大活躍。その後、後藤&YOSHI-HASHIはタッグとしても名試合を重ねていき、昨年末には『WORLD TAG LEAGUE 2021』を制覇。その勢いのままに今年の1・4東京ドーム大会でタイチ&ザック・セイバーJr.を撃破して悲願のIWGPタッグ王座を戴冠していた。
 その裏ではCHAOSとHOUSE OF TORTUREとの抗争も継続しており、後藤&YOSHI-HASHI&石井が昨年11月にHOTに奪われた6人タッグ王座への挑戦を宣言すると、交換条件としてEVIL&高橋裕二郎がタッグ王座への挑戦を要求。さらには石井がEVILの持つNEVER無差別級王座に挑戦が決まるなど3つの王座戦線が複雑に絡み合った状況下にある。

 この日のセミファイナルでは、石井智宏&後藤洋央紀&YOSHI-HASHI&YOHvsEVIL&高橋裕二郎&ディック東郷&SHOという8人タッグマッチでトリプル前哨戦が実施。
 怒りに震えるCHAOSの奇襲から試合が始まり、YOHが因縁あるSHOに襲いかかるのをCHAOS全体でサポート。中盤からはYOSHI-HASHIがHOTの面々の激しい反則攻撃に晒されるが、後藤が怒涛の猛攻で一気に盛り返し、石井がEVILを相手取ってさらなる反則を許さず。
SHOと東郷が巧みなインサイドワークでアシストし、東郷がスポイラーズチョーカーを、SHOがスパナを持ち出すなどいつもの展開を予感させるが、後藤&YOSHI-HASHIが必死の救出を見せ、YOHも交えた3人での激烈一閃を披露。最後は石井が垂直落下式ブレーンバスターで東郷を仕留めた。

 試合後、石井はぐったりと動けない東郷の上に座り込んでEVILを挑発。YOSHI-HASHIは、場外で歯噛みするHOTをリング上から見下ろしながら「そのベルトは俺たちのもんだ」と王座奪取を宣言した。

 バックステージに戻った後藤&YOSHI-HASHIは、「東京ドームで二冠になる予定が、(2月20日の)札幌にズレこんだだけ」と自信を見せ、新日本50周年イヤーでの二冠王体感に向けて気迫を見せる。
 そして、これまで決まっていなかったチーム名について言及し、YOSHI-HASHIが「俺たちのタッグチーム名は毘沙門だ」と命名。後藤も「“闘いの神”が、俺たちにはついてるよ」と満足気にうなずいた。