12日、大阪府・大阪城ホールにて新日本プロレス『DOMINION 6.12 in OSAKA-JO HALL』が開催され、カール・アンダーソンがNEVER無差別級王座を戴冠した。

 “G.o.D”タマ・トンガ&タンガ・ロアがBULLET CLUB(以下、BC)を追放されてから、BCと激しい抗争を繰り広げているタマ。5月1日の福岡大会ではEVILを破ってNEVER無差別級王座を戴冠し新日本で初のシングルタイトルを戴冠するも、その直後に “ザ・グッドブラザーズ”カール・アンダーソン&ドク・ギャローズが乱入し、アンダーソンが本家ガン・スタンでタマをKOするという事態が発生。BC創設メンバーであるタマvsアンダーソンの同王座戦が行われることとなった。

 タマが必殺技としても使うガン・スタンという技は、元々アンダーソンの必殺技であり、アンダーソンが新日本を離れてもタマがリスペクトの意味を込めて使い続けてきた技。良き兄弟分であった2人が敵対することとなり、注目を集めたのは“ガン・スタン対決”だ。

 怒りに震えるタマは入場直後にドロップキックを見舞いコーナーに詰めてナックルを連打するなど苛烈な攻撃。しかし、アンダーソンのセコンドに付いていたギャローズが介入の素振りを見せるとタマが気を取られてしまい、アンダーソンがスタンガン式ガン・スタンで先制。
 中盤からは両者あらゆる体勢からガン・スタンを狙い、両者ともに多彩な返し技を見せるなどガン・スタンを知り尽くした2人だからこそ出来る攻防を展開。アンダーソンのガン・スタンをタマがSRCで切り返し、シュプリームフローからDSDの体勢に入ると、たまらずギャローズがリングイン。タマはギャローズにガン・スタンをクリーンヒットさせるも、その振り向きざまにアンダーソンがタマに本家ガン・スタンを叩き込み、これでカウント3。アンダーソンが弟分のタマからNEVER無差別級王座を奪取した。

 バックステージでは、ギャローズが「サッポロ(ビール)はアンダーソンのスポンサーになるべきだ!なんたってお前は日本プロレス界のレジェンドなんだから!」とアンダーソンを讃え、2人で祝杯を上げたアンダーソンは「サッポロ、ダイスキ!」と日本語で語り笑顔。
 そしてアンダーソンは、「あいつが今のタマ・トンガになる前、俺はあいつのセンパイ(日本語)だった。タマ・トンガは俺のコウハイ(日本語)だった。タマチャンは、(日本語のアクセントで)ザ・マシンガンから多くを学んだ。今日の俺の試合は最高だった。俺は大勢の観客の前でしか、あんなことはしない。ファンが5000人、6000人いればもっと頑張るし、2〜300人しかいなければ気楽にやる。新日本プロレスでも、AEWでも、IMPACTでも、WWEでも、どこからの挑戦でも受けて立つ。俺のNEVERのベルトに挑んで来い」と真剣な面持ちで思いを語った。

 一方、タマは「悔しい。NEVER無差別級王者としての初防衛戦で王座から陥落した。だが、世界のみんな、勘違いするんじゃねえぞ。特にお前、カール、お前だって俺がお前に勝てるだけの力があるってもう分かってるんだろう。それは事実だ。このポジションにあまりくつろぎすぎるなよ」と語り、アンダーソンへのリベンジを誓った。