DDTプロレスが6月19日、東京・後楽園ホール大会を開催。DDT最強を決めるトーナメント「KING OF DDT 2022 2nd ROUND」で樋口和貞がDDT UNIVERSAL王者・高梨将弘を破り、2回戦を突破。抽選の結果、樋口は飯野“セクシー”雄貴を下した秋山準と準決勝(7月3日、後楽園)で対戦することが決定した。

スーパーヘビーの樋口に対し、軽量の高梨とでは圧倒的な体格差があり、高梨はそのハンディを頭脳プレーで克服しようとした。背後から奇襲をかけた高梨は丸め込み連発でフォールを狙った。さらに高梨と同じ格好をしたバリヤン・アッキとアントーニオ本多が現れ、樋口を幻惑。樋口が怪力にモノをいわせて拷問カナディアン・バックブリーカーで絞め上げると、DJニラと思われる男が登場し、ゴングを鳴らし、マイクアピールすると、樋口は惑わされて技を解いてしまった。高梨は再び丸め込みで決めようとするも、樋口は豪快なブレーンクロー・スラムを決めて、3カウントを奪取した。

 また、フェロモンズの飯野と対戦した秋山は、コーナーに宙づりにされ、飯野の尻攻めを食うなど、お下劣殺法を味わった。飯野がアースバキュームを持ち出すも、逆に秋山に返され飯野の口に。秋山はヒザ蹴りからエクスプロイダーを繰り出すと、飯野をパラダイスロックで動けなくした。そして、飯野の口と尻にアースホースを入れると、飯野はたまらずギブアップを喫し、郷に入れば郷に従えで秋山が勝利した。

 全試合終了後、準決勝の組み合わせ抽選が行われ、樋口VS秋山、吉村直巳VS上野勇希に決定した。

 過去、秋山とは何かと因縁があり、シングルの対戦成績では1勝1敗の樋口は「絶対に負けられないトーナメント。絶対に超えなきゃいけない秋山準。ここを乗り越えて決勝戦、どっちが上がってきても俺はこの2つの壁、乗り越えて俺がベルトを巻く。(高梨は)すごかった。DDTで長く生きてきたなという感じがした。でも、それを乗り越えてここまで来た」とキッパリ。

 秋山は「今日の試合のことは語りたくない。アイツら、自分たちのカラーを大切にしていきゃいいんじゃないかと。次は準決勝で樋口。アイツも俺に対する思い、因縁というか、ここで決着をつけよう。決勝のことは考えないようにして、アイツに勝って上にあがりたい」と話した。

 サイバーファイトフェスでは打倒ノアの旗印の下、タッグを組んだ2人だが、樋口と秋山の遺恨マッチは、どちらが制するのか?