DDTプロレスが6月19日、東京・後楽園ホールで「KING OF DDT 2022 2nd ROUND」を開催。同日に隣の東京ドームで開催された世紀の一大イベント「THE MATCH 2022」を意識してか、第2試合で「THE KICKBOXING MATCH 2022」(3分5ラウンド)が行われたが、大混乱で幕を閉じた。

 この一戦は、青木真也と小嶋斗偉の師弟コンビが、元キック王者の町田光、伊橋剛太組と対戦。キックの試合なのに、小嶋は通常のプロレスのリングシューズ、伊橋はリングシューズにレガースを着用して登場。

 第1ラウンドでは小嶋が町田にボコボコにされる。第2ラウンドでは青木が町田を場外戦に誘い、フェンスにぶつけた。さらに青木はこの日、特別リングアナを務めたキックボクシングイベント「KNOCK OUT」プロデューサーの宮田充氏を羽交い締めにすると、なぜか町田がパンチを見舞った。第3ラウンド、小嶋と伊橋が殴り合い、青木と小嶋が伊橋に連係で攻撃。町田が必殺の居合パンチで小嶋をダウンさせると、伊橋がムーンサルト・プレスを見舞って3カウントを奪取。キックボクシングマッチが、なんとピンフォールで決まってしまった。試合後、宮田氏は伊橋に「KNOCK OUT」への出場権が与えられるとアナウンス。

 その件に関し、バックステージで宮田氏は「つい言っちゃって」としどろもどろ。伊橋が158センチ、135キロと聞くと、適切な体格の対戦相手がいないようで、うやむやで話が終了。

 一方、小嶋は「何で僕がキックルール?」と疑問を呈し、青木は「プロレスしようぜ。次は(6・25)横浜だ」と発言。小嶋は「そこで僕らのプロレスを、サウナカミーナと」と続けた。6・25横浜では、ポイズン澤田JULIE、佐々木貴、GENTARO、MIKAMI、タノムサク鳥羽組(with ナオミ・スーザン)が保持するKO-D10人タッグ王座に、上野勇希、MAO、勝俣瞬馬、小嶋、青木組が挑戦する。

 なお、米GCWのジョーイ・ジャネラの参戦が決まり、8月20日の東京・大田区総合体育館では勝俣とハードコアマッチで対戦する。