DDTプロレスが8月6日、神奈川・横浜ラジアントホールで「Road to PETER PAN 2022 in YOKOHAMA」を開催。7月24日の東京・後楽園ホールでKO-Dタッグ王座を戴冠したハリマオ(樋口和貞、吉村直巳)がメインイベントで岡谷英樹、石田有輝の若手コンビに圧勝して強さを見せつけた。

 当初、この日は8月20日、東京・大田区総合体育館での王者・樋口VS挑戦者・遠藤哲哉のKO-D無差別級選手権の前哨戦として、ハリマオVS遠藤、岡田佑介組の一戦が組まれていた。ところが、遠藤が新型コロナウイルス陽性による欠場となり、急きょ新鋭コンビがタッグ王者組にチャレンジした。

 メイン抜てきに燃えた岡谷と石田はエルボーなどで必死の攻めを見せるも、ハリマオは動ぜず。15分過ぎ、ハリマオは合体式のリフトアップスラムで石田を豪快にたたきつけた。石田も樋口に突っ張りで対抗するも、樋口のラリアットを食ってダウン。カウント8で立ち上がった石田は樋口にヘッドバットを食らわせるも、樋口がヘッドバットで返してドクターボム。さらにぶちかましで吹っ飛ばすと、石田は起き上がれず10カウントを聞いてKO負け。

 まさにパワーで圧倒して豪快勝利を挙げた樋口は「石田、そのまま突っ走れ! オマエらの挑戦いつでも受けて立つ。本当だったら、今日対戦相手に遠藤哲哉がいるはずだった。ただ、俺は追い込まれた遠藤哲哉の強さをよく分かってる。次、(8・14)後楽園、(8・20)大田区、俺は全力で遠藤哲哉を迎え撃つ。チャンピオンとして、このリングで遠藤哲哉を待つ! このリング上にはハリマオがいる。DDTは歩みを止めずに進んでいきたいと思います」とマイク。

 バックステージで樋口は「岡谷、石田、あのまま真っすぐにいってほしい。曲がることなく。俺たち、タッグチャンピオンだけど、シングルのベルトでもタッグのベルトでもどっちでもいい。真っすぐにたどりついてほしい」と振り返った。さらに、「追い込まれた遠藤哲哉の強さは分かってるんで、油断することなく、後楽園でも体調万全にして来てほしい」とコメント。

 吉村は「岡谷は考えすぎなんじゃない? もっとシンプルでいい。アイツが感じてるモヤモヤとか全部ぶつければいい。8・20大田区で、オマエがやりたいと思ってることを、3人で教えてあげる。石田くらいシンプルにぶつかってくればいい」と話した。