DDTプロレスが8月6日、神奈川・横浜ラジアントホールで「Road to PETER PAN 2022 in YOKOHAMA」を開催。8月20日、東京・大田区総合体育館でDDT UNIVERSAL王座を争う王者・高梨将弘と挑戦者の上野勇希が、この日のセミファイナルで前哨タッグ戦を戦い、高梨組が制した。

 高梨はクリス・ブルックスとのCDKで出陣し、上野は高尾蒼馬と組んで対戦。上野は高梨に果敢にシャイニング・ウイザード、ブリザード・スープレックスを繰り出すも、フロッグスプラッシュは高梨が剣山で阻止。CDKは抜群の連係を見せ、上野組にペースをなかなか握らせず。高尾がエルボー連打からトラースキックを決めるも、高梨とクリスが合体式の丸め込み(Everclear)で高尾から3カウントを奪った。

バックステージで高梨は「タイ遠征は楽しかったな。ベルトを持って世界中回るのは俺しかできねぇ防衛ロードだと思ってるよ。上野がこのベルトを踏み台にして、DDTのもっと上を行くって? オマエはこのベルトがなくったって、DDTのトップに立つ選手だよ。無差別級のベルトを巻くって思ってるよ。前王者のMAOと同じことを思ってる。このベルトは必要ないんじゃないか? 無差別級獲ったときに、『UNIVERSALで負けた高梨さんと防衛戦したい』って言わせてやるから」と上野の素材を絶賛しながらも防衛を期した。

上野は「欠場中に挑戦が決まって、ありがたい。シングルどころか、タッグでも高梨さんをじっくり見据えて試合をしたのは初めてくらいだった。やっぱりミステリアスで強くてずるいレスラーだと思いました。僕のモチベーションはDDTをもっと大きくして、背負える男になるってことで。そのために高梨さんに勝って、UNIVERSAL獲りたい」と王座奪還を見据えた。