WWEよりオ日本時間8月10日に、ハイオ州クリーブランドのロケット・モーゲージ・フィールドハウスにて行なわれたロウが配信され、ベイリー&イヨ・スカイ&ダコタ・カイとビアンカ・ブレア&アスカ&アレクサ・ブリスの6人タッグ戦が「WWEクラッシュ・アット・ザ・キャッスル(CATC)」で決定するとWWE女子タッグ王座トーナメントに出場したイヨ&ダコタはタミーナ&デイナ・ブルックを撃破して見事1回戦を突破した。

 ベイリー&イヨ&ダコタがロウ・オープニングに登場するとベイリーはベッキー・リンチやビアンカを侮辱し、イヨ&ダコタは「トーナメントで優勝するところを見せてやる」と空位のWWE女子タッグ王座奪取を宣言した。するとそこへ現れたビアンカ&アスカ&アレクサと対峙するとアスカ&アレクサに「イヨ&ダコタは優勝できない。1回戦で勝利しても私たちと対戦するんだから」と否定され、ビアンカには「今から3対3でやってもいいぞ」と対戦要求されたが、ベイリーが「WWEクラッシュ・アット・ザ・キャッスル」での対戦を提案するとこれを受諾したビアンカに襲われて6人入り乱れた乱闘に発展した。

 WWE女子タッグ王座トーナメント1回戦ではイヨ&ダコタがタミーナ&デイナと対戦すると序盤に攻め込まれるも、イヨがダブルニー、ダコタがチンロックでデイナを攻撃。さらにイヨが打撃連打から掌底アッパーを放てば、タミーナにサモアンドロップで反撃されて白熱の攻防を展開したが、最後はダコタのフェイスウォッシュからイヨがムーンサルトをタミーナに叩き込んで1回戦を突破した。この結果、イヨ&ダコタは準決勝戦でアスカ&アレクサvs.ドゥドロップ&ニッキー・A.S.H.の勝者と対戦することとなるとイオは自身のツイッターで「私たちが次のWWE女子タッグ王者になる!!!!!!!」と宣言した。ウェールズ・カーディフで開催される30年ぶりの英国スタジアムイベント「WWEクラッシュ・アット・ザ・キャッスル」は日本時間9月4日にWWEネットワークで配信される。

【関連サイト】
WWEオフィシャルサイト:http://www.wwe.co.jp/
WWEネットワーク: http://network.wwe.com
J SPORTSオフィシャルサイト: http://www.jsports.co.jp/
WWE Live Japanオフィシャルサイト: http://www.wwe.co.jp/wwelive/index

(C)2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.