DDTプロレスが8月26日、東京・上野恩賜公園野外ステージで「ノンアルコールビアガーデンプロレス」を開催。「ビアガーデンプロレス」名物の“お客様抽選6人タッグマッチ”では、9月25日の東京・後楽園ホールで樋口和貞が保持するKO-D無差別級王座に挑戦する竹下幸之介が前哨戦を制し、王座獲りをアピールした。

 真夏のDDTの名物企画「ビアガーデンプロレス」が今年は野外会場で、時節柄ノンアルコールで行われた。メインイベントはすっかり慣例となった、ファンによる抽選で対戦カードが決まる形式。今年はDDTのトップクラスの6選手(樋口、吉村直巳、竹下、上野勇希、遠藤哲哉、クリス・ブルックス)が出場。オープニングでの抽選の結果、カードは樋口、上野、クリス組VS竹下、吉村、遠藤組に決定。樋口は竹下と8・24新宿FACE大会に続き、2度目の前哨戦となったが、皮肉なことにパートナーの吉村とは対戦することになった。

 樋口と吉村が先発し、ショルダータックル合戦を展開。樋口と竹下は壮絶なラリアットの相打ちが3度。4度目は樋口が打ち勝った。竹下と吉村が小競り合いに発展も、合体攻撃を見せ、ことなきを得た。樋口が竹下をブレーンクローで絞め上げると、竹下はエルボーで返して互角の攻防。その後、クリスが竹下にみちのくドライバーⅡからプレイングマンティスボムを狙うも、阻止した竹下はザーヒー、ジャンピング・ニーにいくも、いずれも回避された。クリスは延髄斬り、ジャーマンと攻め込むも、竹下がジャンピング・ニーを叩き込んで、クリスから3カウントを奪取し、前哨戦で勝利した。

 竹下は「米国から帰ってきて、久しぶりに対戦したり、組む人もいたんで、新鮮で楽しかった。(樋口とは)僕たちは過去何度も戦ってるけど、どれにも負けないぐらい、僕も樋口も進化してる。新しいDDTを見せられると思います。4ヵ月ぶりに帰ってきて、(DDTの)勢いは戻ってきてると感じてて。その勢いにブーストをかけるつもりで次のタイトルマッチをやるつもり。樋口も受け止めてくれるだろうし、僕も王者・樋口のすべてを受け止めたい」と力を込めた。

 樋口は「(竹下は)当たってみて、強いな、すげーな、と感じることが多い。次の前哨戦は(9・13)浅草。ガッチリやり合って、(9・25)後楽園に臨みたい」と気を引き締め、対戦したパートナーの吉村については「アイツの強さは一番分かってるつもり。相変わらず強烈だなと。(9・4)名古屋でのタッグの防衛戦は心強いと思いました」と話した。

 また、この日はスクランブルバンクハウス・凶器持ち込みエニウェアフォール8人タッグマッチ、クロコダイルパンダドランク3WAYマッチ、史上最恐!怪談新沼袋3WAYタッグデスマッチなど、「ビアガーデンプロレス」らしい趣向の試合も行われ、スクランブルバンクハウス・凶器持ち込みエニウェアフォール8人タッグマッチでは、場外に設置されていたビニールプールに、納谷幸男が平田一喜をチョークスラムで投げ捨てて勝利した。