7日、都内某所にて武藤敬司引退大会に関する記者会見が開催。武藤敬司登場前に、9・25名古屋ドルフィンズアリーナ大会のメインイベント、GHCヘビー級選手権試合【王者】拳王vs【挑戦者】清宮海斗の調印式が行われた。

 調印式に現れた清宮は「N1の覇者としてタイトルマッチを拳王とやるというのは、自分にとっては最高の対戦相手だと思ってます。負けたくない、いや勝ちたい、心からそう思う相手です。試合でも、話題でも、YouTubeでも、1レスラーとして、拳王を倒して、25日に俺がベルトを巻きます。武藤さんが引退ということで、武藤さんを見にたくさんのお客さんが来ると思うんですよ。本当にここがチャンスだと思うし一度きりしかないから、もう本当に同じような日は来ないと思ってこの試合に挑みます」と正統派なコメントを残す。

 だが拳王は「プロレス界のスーパースター、武藤敬司が引退する。武藤敬司の愛弟子として技まで託され、武藤が引退すると同時にノアに新しいスターを生み出そうとしている。会社そして、てめえらマスコミもそうだ、いいストーリーだよな?イイ物語だ。美しいよ。プロレスは物語、すっげー大切だ。みんな感情移入するよ。だがな、オイ、テメーらが思い描いてるストーリー通りに進んで刺激があるか?俺が!おまえらの期待を裏切ってやるよ、お前らが望んでるのは、武藤敬司の次のスーパースターは清宮海斗、そういうことだろ?俺はそのような予定調和で進んだら、このプロレス界、プロレスが駄目になると思う。だから、俺がプロレスそして、ノアをもっと新しいもっと上のステージに連れていけるのは、今度のGHCヘビー級選手権で、勝つ、俺だということだよ」と啖呵。

 さらにマスコミに向けて「てめえらマスコミもぐちゅぐちゅうるせえんだよ。おい、なに清宮にかつがれてんだよ。あ?金のためか、あ?ノアから金欲しいからか?あ?ABEMAから金欲しいからか?あ?お前らなあオイ、清宮を、担ぐんじゃねえんだよ。これからはな、おい、俺を担げ!俺が!大金を生み出してやるからな」と吠え、清宮の頭をポンポンとなでて去っていった。