14日、東京都・新宿FACEにて、SOD×P.P.P.TOKYOのコラボ興行第3弾『The New Beginning of “P”arty〜狂宴〜』が開催され、エチカ・ミヤビがデビューを果たした。

 『P.P.P.TOKYO』は“令和のバブル”をテーマにセクシー男優のしみけんがアドバイザーを務めるプロレス団体。慶應義塾大学卒の元・博報堂レスラー三富兜翔が総帥としてプロデュースし、シャンパンタワーやテキーラが飛び交うパリピ興行を開催している。
 PPPでは昨年よりソフト・オン・デマンド株式会社(SOD)とのコラボを行っており、新宿歌舞伎町にある『SOD LAND』での路上プロレスや、五反田にある『HOTEL SARA GRANDE』で史上初のラブホテルプロレスを開催するなど新進気鋭のプロレス団体として急成長中。2021年9月には筋肉系YouTuberやセクシー女優としても活躍しているちゃんよたもプロレスラーデビューを果たすなど、プロレス界の内外に大きな話題を振りまいている。

 この日デビューしたエチカ・ミヤビは、元々ちゃんよたが働いているマッスルガールズバー『筋肉女子・マッスルガールズ』でともに働いており、ちゃんよたの試合を見てちゃんよたに憧れたことでPPPへ入門。エチカはトランスジェンダーであり、高校生までは男性として過ごし、今は女性として人生を歩んでいる。
 小学校までソフトボールを、中学では軟式野球、高校では硬式野球から柔道を経験し二段の腕前を持つというエチカは、投手時代には一年生で140km/h近い速球を投げるなど運動神経に優れ、体格も身長178cm、体重75kgと大型。エチカのデビューによって、スターダム所属のレディ・Cが持つ国内現役女子レスラー最長身の177cmの記録が更新された。

 今年7月にエチカのデビューが発表されると、トランスジェンダー女性が女子プロレスラーとして闘うことに対しての賛否両論、特に“否”の意見が殺到し思い悩んだという。
 これについてエチカは「プロレスラーになる前からトランスジェンダーだったので、私が言われないにしても色んなところで見てきてはいたので、そういった意見があることは予想はしていました。ただ、完全なる誹謗中傷もあったし、それには傷ついたところはあるんですけど、それに打ち勝って、その人達に認めさせてこその私だと思うので、負けないように頑張ります」と語っていた。
 対戦相手となる世羅りさも「なにがいけないのか分からないです。『女子の中でのし上がっていってやろう』と思っても、そう簡単には出来ないですよ。女子プロレスの世界は厳しいですから。それを分からせるための私だと思っていますので、任せてください。彼女を立派な女子プロレスラーにしてあげます」とエチカを女子プロレスラーと認めつつ自身初となるデビュー戦の相手を務めることに喜びの声を上げていた。

 試合が始まると、エチカは真っ向からのパワーファイトを仕掛けていくが、ぶつかり合いでは分が悪いと判断したか世羅はヘアホイップや顔面踏みつけなど女子プロレス伝統のラフファイトでエチカへ洗礼。
 エチカは切れ味鋭い大外刈りや、ワインドアップしてから放つオーバースローチョップなど自身のバックボーンを生かした技で攻め立てていくが、一瞬の隙を突いて組み付いた世羅が羅紗鋏で叩きつけ、最後はコンバイン(※変形逆エビ固め)でギブアップ勝ちを収めた。

 試合を終えたエチカは「デビュー戦をするには皆さんの助けとサポート、応援がないと出来なかったので、世羅さん、PPPの仲間、私たちを応援してくれたみんなに感謝を込めて。本当にありがとうございました!」とコメントし、女子プロレスラーとしてデビューすることについて寄せられた批判の声に関しては「実力で見てもらうしか無いです」と語った。

 デビュー戦を見守っていた三富総帥は「トランスジェンダーという、ただでさえちょっと色眼鏡で見られる中で、彼女はこれから色んなものと闘っていかなきゃいけない。それに向かっていく覚悟は感じることは出来ました。これから経験・実績をドンドン積んでいただきたい。僕はメチャクチャ期待しています」と太鼓判。

 女子プロレスラーとしての道を歩みだしたエチカ・ミヤビの今後に期待したい。