DDTプロレスが9月18日、東京・後楽園ホールで『STERNNESS 30th anniversary〜秋山淳デビュー30周年記念大会〜』を開催。“世界一の入場をする男”と称されるバレエダンサーレスラーのカーラ・ノワールが初来日の初戦で、DDT UNIVERSAL王者・上野勇希組に鮮烈な勝利を収め、王座獲りをアピールした。

 同25日の後楽園で上野が保持するUNIVERSAL王座に挑むノワールはクリス・ブルックス、高梨将弘と組み、上野、MAO、小嶋斗偉組と対戦。ノワールは前評判にたがわず、「白鳥の湖」の曲に合わせて入場し観客を魅了した。

 先発したノワールと上野はグラウンドでのレスリングの攻防、エルボー合戦を繰り広げた。ノワールは上野の胸にヘッドバットを叩き込み、ジョンウー、トップロープ越えのプランチャーを敢行。10分過ぎには上野とノワールがジャーマンの応酬、ラリアットは相打ち。上野が顔面にドロップキックを見舞うと、ノワールは胸にヘッドバット。ノワールはジョンウーで上野を場外に排除すると、小嶋をブラックアウト・スリーパー(飛びつき式胴絞めスリーパー)で絞め上げてギブアップを奪った。

 バックステージで上野は「気にする部分は体の頑丈さ。骨も硬い、力も強い。この前哨戦があることはプラスだと思ってたんですが、もしかしたらベルトをもっと防衛していくには、一発勝負でもよかったかもしれない。今日学んじゃったんで。残念ながら、ノワールは来週僕に負けちゃって、ベルトを持たずに帰ることになるでしょう」と相手を認めながらも、王座死守宣言。

 一方、ノワールはコメントスペースに現れたものの、報道陣から何を聞かれても言葉を発しなかった。