DDTプロレスが9月22日、東京・渋谷区のAbemaTowersで記者会見を開き、同25日の東京・後楽園ホール大会で“世界一の入場をする男”カーラ・ノワールを挑戦者に迎え、DDT UNIVERSAL王座の初防衛戦に臨む上野勇希が王座死守を誓った。

 上野は「(9・18)後楽園で試合をしてみて、入場よりも、むしろプロレスラーとしての強さ、タフネス、テクニックというところが、僕が行ったことがない世界の広さを感じられるすごい選手が来たなと感じています。そんなすごい選手に勝って、ここから始められるものが多くあると思いますので、必ず防衛したいと思います」とキッパリ。

 ノワールはこの日も言葉は一切発せず、ジェスチャーのみ。質疑応答の前に、上野が英語で次々に質問をしていくが、言葉を発さないため、なかなかその胸の内ははかれず。ただ、「上野に勝って、ベルトを腰に巻きたい」という意思をもっていることだけはジェスチャーで確認できた。

 かねがね、上野はベルトを持って海外に進出したい意向を示していたが、「高梨(将弘)さんもぜひと言ってくれてますので、タイには行きたい。ノワールに勝ったら、英国にも呼んでくれるということなので、防衛できればUKでもやりたいと思っています」と発言。

 前哨戦を戦った印象について、上野は「知れた部分が大きい。こんなにもパワーがあって、技術があって、ナチュラルな強さも感じられたので。とにかく僕は作戦を考えていく。勝つための作戦を考えていくことに集中してます」と話した。

 フォトセッションが終わり、上野が握手を求めると思いきや、「熱波WER!!」と叫ぶと、ノワールは得意のバレエのポーズを取った。すると「白鳥の湖」の曲がかかって会見は終了した。