DDTプロレスが9月25日、東京・後楽園ホールで『Who’ Gonna TOP? 2022』を開催。DDT UNIVERSAL王者・上野勇希が“世界一の入場をする男”カーラ・ノワールを破り、初防衛に成功。10月23日の後楽園で、竹田“シャイニングボール”光珠が挑むことが決定した。

 この日も華麗な入場で観客を魅了したノワールは奇襲をかけ、ジョンウー、ジャーマンなどで猛攻。耐えた上野はきりもみ式プランチャー、ハーフネルソン・スープレックスで反撃。ノワールは雪崩式牛殺しを繰り出すも、上野はハーフネルソン・スープレックスからBMEを見舞うもノワールは剣山で阻止。ノワールはブラックアウト・スリーパーに入るも、脱出した上野は顔面へのドロップキックからWRを決めてピンフォールを奪取した。

 マイクを持った上野は「このベルトを持って、世界に行きたくても行く難しさを感じてます。そんななか、英国から日本に来てくれて、僕とタイトルマッチをしてくれて、ありがとうございます」とノワールに語りかけ、ガッチリ握手を交わし、互いの健闘を称えた。

 すると、フェロモンズの飯野“セクシー”雄貴、男色“ダンディ”ディーノがリングインし、上野が竹田“シャイニングボール”光珠からの「オマエはフェロモンが足りないんじゃないか。俺は4年間来る日も来る日も、どうやってフェロモンを出すかを考えてきた。お互いの4年間、分泌したホルモン量を試合で確かめ合おうぜ」との挑戦メッセージを読み上げた。

 かつて、上野がDDTの新世代ブランドDNAに所属していた当時、竹田も同団体にレギュラー参戦し、2018年3月にはKO-D6人タッグ王座を戴冠した間柄(もう1人のパートナーは梅田公太)で、上野に異存はなく、10・23後楽園でのV2戦が決まった。

 バックステージで上野は「前哨戦で1度だけ試合して、今日肌を合わせれば合わせるほど素晴らしい選手やって。また来てほしいですね。今度は僕が英国に行って会うのが先か、カーラがDDTに来るのが先か、絶対どこかで会うと思います。竹田さんとはDNAの頃から積み上げてシングルやったこともあるし、新しいシャイニングなのか竹田なのか、すごく楽しみです。D王も発表されて、優勝したら、このベルトを持ったまま無差別級に挑戦できそうですね。DDTで一番強いなんてすばらしいじゃないですか」とコメントした。